人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2013】キャッスルヴァニアとウイニングイレブンが盛況!コナミブースフォトレポート

その他 フォトレポート

【E3 2013】キャッスルヴァニアとウイニングイレブンが盛況!コナミブースフォトレポート
  • 【E3 2013】キャッスルヴァニアとウイニングイレブンが盛況!コナミブースフォトレポート
  • 【E3 2013】キャッスルヴァニアとウイニングイレブンが盛況!コナミブースフォトレポート
  • 【E3 2013】キャッスルヴァニアとウイニングイレブンが盛況!コナミブースフォトレポート
  • 【E3 2013】キャッスルヴァニアとウイニングイレブンが盛況!コナミブースフォトレポート
  • 【E3 2013】キャッスルヴァニアとウイニングイレブンが盛況!コナミブースフォトレポート
  • 【E3 2013】キャッスルヴァニアとウイニングイレブンが盛況!コナミブースフォトレポート
  • 【E3 2013】キャッスルヴァニアとウイニングイレブンが盛況!コナミブースフォトレポート
  • 【E3 2013】キャッスルヴァニアとウイニングイレブンが盛況!コナミブースフォトレポート
E3 2013で、コナミデジタルエンタテインメントは悪魔城ドラキュラシリーズの最新作『キャッスルヴァニア ロード・オブ・シャドウ2』と、『プロエボリューションサッカー2014』(ワールドサッカー ウイニングイレブン2014)を前面に押し出したブースを展開していました。

特に『キャッスルヴァニア』は20台の試遊台が並べられたにも関わらず、長蛇の列ができるなど高い注目を集めていました。一方の『プロエボリューションサッカー2014』の方はクローズドブースになっていて、少々残念でした。

コナミブースでは主力の2タイトルに加え、スマートフォンやタブレット向けのタイトルも並んでいました。遊技機事業も行なっている同社ですが、カジノを題材にした作品にも挑戦しているようです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】『モンハン』のやりすぎで彼女に嫌われる

    【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】『モンハン』のやりすぎで彼女に嫌われる

  2. 『UNDERTALE』開発者が「ポプテピピック」パロディに反応「ありがとうございます」

    『UNDERTALE』開発者が「ポプテピピック」パロディに反応「ありがとうございます」

  3. 【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』関連記事が今週もアツい! 序盤の壁を調査したアンケート、好きなモンスター、今後のイベクエ情報など多彩なラインナップ

  4. 米州知事が「暴力的ゲーム」を激しく非難、銃乱射事件受け「ゴミ、ポルノと同じ」とコメント

  5. 『武装神姫』新プロジェクト始動!新作ゲームの制作も決定

  6. コンパイルハート、謎のカウントダウンサイトを公開―数字が変わるタイミングはいつ?

  7. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case09「奪還・前編」

  8. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case01「異常な博士の愛情」

  9. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】パッケージ版とDL版、どちらを選ぶべきか

アクセスランキングをもっと見る