人生にゲームをプラスするメディア

『ゼルダの伝説』青沼プロデューサー「新しいものにチャレンジしてみたい」 ― 『ゼルダ』への想いと胸の内を明かす

任天堂 その他

青沼氏
  • 青沼氏
『ゼルダの伝説』シリーズのプロデューサーであえる青沼英二氏は、先日海外ゲームマガジンのインタビューをうけ、自身のキャリアが終わってしまう前に『ゼルダ』以外のものにも挑戦してみたいという胸の内を明かしています。

青沼氏は、「私はいま50歳で、任天堂でゲームを作るための時間は10年ほどしかありません。手遅れになる前に、なにか新しいものにもチャレンジしてみたいのです。自分のキャリアを『ゼルダ』を作ったことだけで終わらせたくありません。でも、自分が新しいことを思いつくたび、それらは全て『ゼルダ』のために使われてしまうのです。『ゼルダ』のサイクルから離れるためにも6ヶ月休養が欲しいですね。」と笑いながらインタビューに返答。

そして、「でもおそらく最終的には『ゼルダ』に似たゲームを作ることになるのでしょう。結局『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』は私に最も大きな影響を与えたんです。」と、付け加えています。

最後に、初めてゼルダを作り始めたときはリンクよりも敵キャラクターに興味があったと発言するも、自分とリンクのあいだには非常に密接な関係があり、まるでもうひとりの我が子のようであると、作り手としての愛を伺わせるコメントを残しています。

また、青沼氏は他のインタビューにおいて、宮本茂氏と手塚 卓志氏が、オリジナルの『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』の開発についてほとんど覚えていないという、少し面白いエピソードも紹介。たとえば、リンクは元左利きで後に右利きになったことの理由についても、みんな違う見解をもっており、青沼氏がそれについて宮本氏に質問をした時も「忘れた!」と言われしまったということです。

青沼氏はニンテンドウ64以降の『ゼルダの伝説』シリーズの開発に携わった人物で、2014年初頭の発売を予定されているニンテンドー3DSソフト『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』の開発も担当しています。

『ゼルダ』シリーズの人気の高さは言うまでもありませんが、氏が手掛ける全く新しいゲームというものも、非常に興味がそそられるところです。あと10年と言わず、より長く、素晴らしいゲームを作り続けて欲しいと願わずにはいられません。
《Ami》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 竹田玄洋の退任後について君島社長がコメント―「特別顧問という形で助言をいただきたい」

    竹田玄洋の退任後について君島社長がコメント―「特別顧問という形で助言をいただきたい」

  2. ガノンに操られているのは?『ゼルダの伝説』推理ボードゲームが海外発表

    ガノンに操られているのは?『ゼルダの伝説』推理ボードゲームが海外発表

  3. 『ゼルダの伝説 BotW』しゃがんで宝箱を開けるとどうなるの? リンクの意外なアクションを映像付きで披露

    『ゼルダの伝説 BotW』しゃがんで宝箱を開けるとどうなるの? リンクの意外なアクションを映像付きで披露

  4. 【レポート】「『ARMS』スゴウデトーナメント」初日が激戦かつドラマチック! 中学生選手や前回優勝者が火花を散らす

  5. ニンテンドースイッチ『聖剣伝説コレクション』の特長を映像で紹介! 画面切り替えやクイックセーブを動画でチェック

  6. 任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

  7. 「Newニンテンドー2DS LL」の「はぐれメタルエディション」が7月29日発売、『ドラクエXI』が同梱

  8. 「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」4月28日号―スイッチ版『マリオカート8 デラックス』発売!

  9. 『スプラトゥーン2』あんなに仲が良かったシオカラーズが…、ふたりのストーリー第一話が公開

  10. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

アクセスランキングをもっと見る