人生にゲームをプラスするメディア

『ルイージマンション2』を手掛けたカナダのスタジオNext Level Games、さらに多くの任天堂タイトル制作へ意欲

その他 全般

3DSタイトル『ルイージマンション2』を手掛けたNext Level GamesのKen Yeeloy氏とBryce Holliday氏が、海外サイトのインタビューに回答をよせ、さらに多くの任天堂タイトルを手がけたいという意気込みを伝えています。

『ルイージマンション2』のプロデューサーKen Yeeloy氏は、タイトルリリースのたびにステップアップしていくような感覚だったのではないかという問いかけに、「まぁそんな感じですね」と笑いながら返答。また、「自分たちは任天堂タイトルを復刻させることができるチームという認識をされていたと思うし、任天堂と協力し、ハイクオリティなゲームを作り上げるための技術力を固めてきた。次は一体どんなIPを手掛けることになるのか楽しみでしようがない」と語っています。

さらに、次は何を作りたいですかという率直な質問に対しては、『ルイージマンション2』のディレクターをつとめるBryce Holliday氏が回答をし、「どんな任天堂IPでも歓迎するが、もし叶うのならばゼルダかマリオのゲームを手がけてみたい」と、その胸の内を明かしています。

Next Level Gamesは、過去ゲームキューブで発売されたアクションスポーツゲーム『マリオストライカーズ』、Wii用のボクシングゲーム『パンチアウト!!』のほか、最近では3DSタイトル『ルイージマンション2』といった任天堂タイトルを手掛けるカナダのゲームスタジオです。

任天堂の正式なセカンドパーティではない独立したスタジオではあるものの、新しいユーザーに向けて旧タイトルをリブートするという点については、レトロスタジオと似たものがあるように感じられます。

これまでの功績からみても要注目と言えるNext Level Gamesが次に示すタイトルは何なのか、今から楽しみです。
《Ami》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

    『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

  2. 【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

    【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

  3. 日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査

    日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査

  4. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  5. 『ニーア オートマタ』のアダムとイヴがLINEスタンプに!「いい子だ」「ニイチャーン!」など全40種類

  6. 『World of Warships』と『アズールレーン』がコラボ決定!ウォーゲーミングジャパンによるトークイベントで明らかに

  7. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  8. 「モンスターハンター:ワールド×ALOOKコラボメガネ」ラインナップ判明! ネルギガンテなど全6モデル

  9. 12年ぶり完全新作「ゾイドワイルド」発表!2018年6月より展開、スイッチでのゲーム化も予定

  10. 【特集】納涼!『ゲームに登場する海景色』10選

アクセスランキングをもっと見る

1