人生にゲームをプラスするメディア

さよなら円高!「Unity Pro」の日本販売価格が改定 ― 最終駆け込みキャンペーンも実施

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、同社が提供しているマルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity Pro」の日本販売価格を改定することを発表しました。

ゲームビジネス その他
雲丹亭Tシャツ(表)
  • 雲丹亭Tシャツ(表)
  • 雲丹亭Tシャツ(裏)
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、同社が提供しているマルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity Pro」の日本販売価格を改定することを発表しました。

今回の日本販売価格改定は、最近の円安に影響されたもので、同社は期間限定のキャンペーンとして「さよなら円高/最終駆け込みキャンペーン」を実施。

これが、昨年までの歴史的な円高を反映した現行価格で「Unity Pro」他を購入できる最後のチャンスとなっており、これを機会に「Unity」によるゲーム制作を初めてみてはいかがでしょうか。なお申し込みなどは、Unity 公式ブログをご覧ください。

■さよなら円高/最終駆け込みキャンペーン
実施期間:6月1日から6月30日
・Unity Pro10本まとめてパック
通常販売価格1,338,750円(税込)のところ、10%引きの1,204,875円(税込)で提供されます。

・個人ユーザー向け『Unity Pro Inside』グッズプレゼント
この機会にProバージョンへのアップグレードを考えの個人ユーザーに、『Unity Pro Inside』グッズがプレゼントされます。

【Unity Pro Insideグッズ内容物(予定)】
―雲丹亭Tシャツ 別注抹茶色Ver. 4月に開催されましたUnite Japanでユニティ・テクノロジーズ・ジャパンスタッフが着用していたオフィシャル「雲丹亭」スタッフTシャツの別注カラバリ。

―Unity Pro Insideピンバッジ
同じくUnite Japanで大好評だったUnityピンバッジのニューデザイン。

―Unity Pro Insideステッカー
あなたのパソコンに貼って楽しむ特製ステッカー。

■改定後の価格
・新規購入
Unity Pro 4x/iOS Pro 4x/Android Pro 4x:133,875円 → 157,500円
Team License:44,625円 → 52,500円

・旧バージョンからのアップグレード
Unity Pro 3x → Unity Pro 4x :66,938円 → 78,750円
iOS Pro 3x → iOS Pro 4x :66,938円 → 78,750円
iOS 3x → iOS Pro 4x :109,331円 → 128,625円
iOS 4.x → iOS Pro 4x :お問い合わせください
Android Pro 3x → Android Pro 4x :66,938円 → 78,750円
Android 3x → Android Pro 4x :109,331円 → 128,625円
Android 4x → Android Pro 4x :お問い合わせください

個人および小規模開発者向けの「Unity」の価格に関しては、従来通り無料です。

Copyright (C)2013 Unity Technologies Japan G.K. All Rights Reserved
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  3. テレビ業界から飛び火した「ラウドネス問題」って何だ?SIG-Audio#01「ラウドネス勉強会」レポート

    テレビ業界から飛び火した「ラウドネス問題」って何だ?SIG-Audio#01「ラウドネス勉強会」レポート

  4. 今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは

  5. 【CEDEC 2012】ハンソフト、カプコンへプロジェクト管理ツール「Hansoft」を提供

  6. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  7. 【Autodesk×Unity】セガが語るUnityで作るiPhoneゲーム、そしてコンテンツ工学

  8. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  9. 任天堂代表取締役 岩田聡氏による基調講演「ファミコンから20年:ゲーム産業の今とこれから」 概要

  10. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

アクセスランキングをもっと見る