人生にゲームをプラスするメディア

「スーパーマリオくん」が「ドラえもん」を超えた ― コロコロ長期連載記録も更新中

その他 全般

「スーパーマリオくん」最新刊46巻
  • 「スーパーマリオくん」最新刊46巻
  • 「ドラえもん」45巻
昭和の漫画史に燦然と輝き、平成の今日に至っても不動の地位に君臨し続ける、まさに国民的キャラの代名詞とすら言える「ドラえもん」。世代間のギャップが浮き彫りになる昨今においても、「ドラえもん」の話題は老若男女を問うことはありません。

世界に誇る漫画・アニメ文化を擁する日本には、人気のあるキャラは出し切れないほど多数存在します。しかし、「ドラえもんに比類するキャラと言えば、片手で足りる程度まで絞られてしまうでしょう。それほど「ドラえもん」は、偉大かつ親しみ深い、無二のキャラでなのです。

そんなキャラ界の巨人である「ドラえもん」を、なんとあの「マリオ」が超えてしまったのです。もちろん「超えた」というのは、「マリオ」がジャンプして「ドラえもん」を飛び越した、などという話ではありません。1つの決着が、明確な記録によって判明したのです。

「ドラえもん」は1969年から連載が開始され、単行本は全45巻を数える、小学館が世界に誇る漫画です。そして同社のコロコロコミックにて、「スーパーマリオ」を題材に描かれている「スーパーマリオくん」が、5月28日に最新46巻を発行しました。

結果、「ドラえもん」全45巻に対し、「スーパーマリオくん」は46巻に達したことで、単行本巻数の上で「マリオ」が「ドラえもん」を上回ったことが確定しました。どちらのファンにとっても衝撃的な事実を迎えることになり、喜ぶ人にも驚く人にも、5月28日は忘れられない1日になったのかもしれません。

しかし「ドラえもん」の牙城は、巻数だけではありません。休載されている時期もありますが、「ドラえもん」の雑誌連載期間は「スーパーマリオくん」のそれよりもまだ長く、また、「大長編ドラえもん」などを含めた「ドラえもん」シリーズとして考えると、累計巻数は「スーパーマリオくん」を軽く上回ります。

単タイトルとしての巻数勝負は1つの結末を迎えましたが、「ドラえもん」や「マリオ」の活躍と切磋琢磨は、終わりを迎えるどころかまだまだ続くことは明らかです。魅力的なキャラがお互いを高める競い合いを、今後も楽しみにしましょう。

(※同じ作者がワリオを主役に描いたギャグ漫画「オレだよ!ワリオだよ!!」は現在4巻まで発売中。マリオとワリオをあわせると、計50巻になります)
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【TGS2017】会場を飾る素敵なコンパニオンさんを紹介!Part1

    【TGS2017】会場を飾る素敵なコンパニオンさんを紹介!Part1

  2. 【TGS2017】2次元やVRを超えてしまった!?『ぎゃる☆がん2』ステージイベントでリアル突風がスカートに襲いかかる“現実”

    【TGS2017】2次元やVRを超えてしまった!?『ぎゃる☆がん2』ステージイベントでリアル突風がスカートに襲いかかる“現実”

  3. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

    【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  4. 【昨日のまとめ】Switch版『バイオハザード リベレーションズ』2作をプレイ、PS4『アリカ 謎の格闘ゲーム(仮称)』が国内初出展、『STEINS;GATE ELITE』スイッチ向けにもリリース…など(9/21)

  5. 【特集】2016年のイベントを飾ってくれた美人コンパニオンさんの写真を厳選!ミニインタビューつきで紹介

  6. 「けものフレンズ」のラッキービーストが、手のひらサイズのソフビフィギュアで発売決定

  7. 【超会議2017】会場を飾った美人コンパニオンさんを紹介!写真200枚

  8. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  9. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

  10. 『海腹川背』や『洞窟物語』などのキャラが対決! 対戦格闘『Blade Strangers』のロケテを秋葉原で開催

アクセスランキングをもっと見る