人生にゲームをプラスするメディア

「独創性を感じる日本企業」ゲーム業界からは任天堂が5位、ソニーが3位にランクイン

リスクモンスターは、第1回「独創性を感じる日本企業」アンケート調査結果を5月28日に発表しました。

ゲームビジネス その他
第1回「独創性を感じる日本企業」アンケートスクリーンショット
  • 第1回「独創性を感じる日本企業」アンケートスクリーンショット
リスクモンスターは、第1回「独創性を感じる日本企業」アンケート調査結果を5月28日に発表しました。

「独創性を感じる日本企業」アンケート調査は、2013年2月25日~2013年2月27日に20~59歳の有識者男女個人、60~69歳の男女個人を対象にインターネットで行われました。調査対象企業は、年間売上2,500億円以上、従業員数5,000人以上の企業200社です。

■「独創性を感じる日本企業」ランキング
1位:トヨタ自動車
2位:本田技研工業(ホンダ)
3位:ソニー
4位:ファーストリテイリング(ユニクロ)
5位:任天堂
6位:タニタ
7位:TOTO
8位:楽天
9位:キヤノン
10位:ソフトバンク

11位から20位は、11位パナソニック、12位シャープ、13位富士フイルム、14位味の素、15位ヤマト運輸、16位日産自動車、17位ヤフー、17位セブン-イレブン、19位雪国まいたけ、20位ブリヂストン、20位京セラとなっています。

ランキングを業種別に見ると、トップ20のうち14社が製造業となっており、日本の開発技術に対する信頼性が現れた結果になっています。企業の独創性を計る指標としては、特許取得件数を挙げることができます。これは、特許取得件数が多いほど、発想力や開発力が高いと言え、独創的な企業と考えられるからです。

ランキング上位企業の特許取得件数(2012年)を比較してみると、1位トヨタ自動車は4,606件、2位本田技研工業(ホンダ)は3,015件、3位ソニーは2,855件、4位ファーストリテイリング(ユニクロ)は0件、5位任天堂は151件となり、上位企業は多数の特許を取得していると見ることができます。

ゲームに関係した企業では、3位にソニー、5位に任天堂がランクインしています。さらにこの2社は4月発表の「世界に誇れる日本企業」(リスクモンスター調べ)においても、2位ソニー、9位任天堂とトップ10にランクインする結果を残しています。

今回のランキング上位企業の多くは、商品、サービスの品質、先進性を武器として、事業規模を拡大してきた企業です。ソニーと任天堂には、これからも商品、サービスの品質、先進性を武器にして、ゲーム業界の最先端を走りつづけて欲しいと思います。
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

    ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  2. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  3. トキワ荘プロジェクト、「プロ漫画家向け確定申告講習会」を京都・東京の2箇所で開催決定

    トキワ荘プロジェクト、「プロ漫画家向け確定申告講習会」を京都・東京の2箇所で開催決定

  4. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  5. 韓国でも成功を目指すアクワイアの『ロード・トゥ・ドラゴン』・・・ユーザー目線のゲーム作りと「GMOアプリクラウド」の現地サーバーで勝負

  6. 今週発売の新作ゲーム『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』『ジャストコーズ4』『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』他

  7. 桜井政博氏が「ムシキング」の携帯電子ゲームをデザイン

  8. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  9. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  10. Cygames、ウメハラ氏ら所属のプロチーム「Cygames Beast」を発足

アクセスランキングをもっと見る