人生にゲームをプラスするメディア

ファン待望の最新作『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』 ― Unreal Engineによる新たなギルティ

その他 アーケード

ファン待望の最新作『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』 ― Unreal Engineによる新たなギルティ
  • ファン待望の最新作『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』 ― Unreal Engineによる新たなギルティ
  • ファン待望の最新作『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』 ― Unreal Engineによる新たなギルティ
  • ファン待望の最新作『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』 ― Unreal Engineによる新たなギルティ
  • ファン待望の最新作『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』 ― Unreal Engineによる新たなギルティ
  • ファン待望の最新作『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』 ― Unreal Engineによる新たなギルティ
  • ファン待望の最新作『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』 ― Unreal Engineによる新たなギルティ
  • ファン待望の最新作『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』 ― Unreal Engineによる新たなギルティ
  • ファン待望の最新作『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』 ― Unreal Engineによる新たなギルティ
アークシステムワークスは、5月19日にパシフィコ横浜 国立大ホールで開催された「ARC SYSTEM WORKS FESTIVAL」にて『GUILTY GEAR』のシリーズ最新作『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-(ギルティギア イグザード サイン)』を発表しました。

「ARC SYSTEM WORKS FESTIVAL」は、アークシステムワークス創立25周年かつ、『GUILTY GEAR』シリーズ生誕15周年、『BLAZBLUE』シリーズ』生誕5周年という記念すべき本年に、同社が過去最大規で開催する格闘ゲーム全国大会です。

実はこの発表、「ぶるらじH(はいぱ~) inパシフィコ横浜 あーくふぇすだよ!公開録音すぺしゃる!!」が終了し、出演者が退場しようとした瞬間にいきなりムービーが流れたのです。

スピーカーからは聞いたことのあるセリフが流れ、スクリーンには『GUILTY GEAR』という文字が、まさかのサプライズに会場は大歓声に包まれました。

『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』では、2D格闘ゲームでありながらも全てが3Dモデルで作られており、3Dを活かした迫力の演出が従来の作品と異なります。

さらに、今回公開されたムービーでは、主人公であるソルが「Dループ」のようなコンボを披露。因みに、このソルとカイの戦いはイメージではなく、実際のゲームもこの様になるといいます。その格闘ゲームとしての完成度、世界観、サウンドなど様々な面から高い評価を受ける『GUILTY GEAR』シリーズの15周年作品以下から動画をご覧ください。



なおプラットフォームはアーケードで、セガのRINGEDGE2 / ALL.Net P-ras MULTI バージョン2を、開発エンジンに「Unreal Engine」を採用。リリース時期に関しては、ゼネラルディレクターの石渡大輔氏いわく「そう遠くないうち」としており、速報に注目です。

(C) ARC SYSTEM WORKS
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『UNDERTALE』開発者が「ポプテピピック」パロディに反応「ありがとうございます」

    『UNDERTALE』開発者が「ポプテピピック」パロディに反応「ありがとうございます」

  2. 『ゼノブレイド2』セイレーンのプラモ&ヒカリのフィギュアが発表!

    『ゼノブレイド2』セイレーンのプラモ&ヒカリのフィギュアが発表!

  3. 『ゼルダの伝説 BotW』の「ガーディアン」がねんどろいどに―「ピッ…!」という機械音が聞こえてきそう

  4. 死にゲー名作『Bloodborne』のfigma化第2弾「時計塔のマリア」が発表!

  5. シリーズ30周年記念本「ストリートファイター メモリアル・アーカイブ Beyond the World」3月24日発売決定

  6. 【昨日のまとめ】『UNDERTALE』開発者が「ポプテピピック」パロディに反応、『ゼノブレイド2』セイレーンやヒカリが立体化、『FGO』「一番好きなちびっこサーヴァントは?…など(2/19)

  7. 『スプラトゥーン』ガールがfigma化!―パーツ交換で『2』バージョンに

  8. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る