人生にゲームをプラスするメディア

DeNA決算、モバコイン消費拡大で9期連続最高益を更新

ゲームビジネス その他

DeNA決算、モバコイン消費拡大で9期連続最高益を更新
  • DeNA決算、モバコイン消費拡大で9期連続最高益を更新
ディー・エヌ・エー(DeNA)は、平成25年度3月期連結(平成24年4月1日~平成25年3月31日)決算短信を発表しました。

売上収益は前年比38.2%増の2024億6700万円、営業利益は768億4000万円(前年比27.5%増)、親会社の所有者に帰属する当期利益は455億8100万円(前年比46.4%増)と昨年を大幅に上回る業績を達成し、売上収益及び利益ともに上場以来9期連続で過去最高を更新したと報告しています。

この業績について同社は、ソーシャルゲームプラットフォームでグローバルNo.1のポジションを確立すべく、国内外の「Mobage(モバゲー)」で提供しているソーシャルゲームの利用拡大に注力し、スマートフォン分野での事業領域拡大を図るべく新規サービスの立ち上げに積極的に取り組んだ結果だと述べています。

特にソーシャルメディア事業については、国内「Mobage」がサードパーティ提供タイトル、内製・協業タイトルともに成長した結果、モバコイン消費額が前連結会計年度比40.6%増の2284億6600万円と大幅に拡大し収益に貢献したことを挙げています。

次期の見通しとして同社は引き続き国内外で「Mobage」のゲーム関連売上収益の拡大に取り組む方針で、最大市場である英語圏向け「Mobage」は、今夏での黒字化を目指すとのことです。

一方、同時に発表された平成26年3月期第1四半期(平成25年4月1日~平成25年6月30日)の業績見通しは減益を予想していますが、今後新作の提供本数を増やし第2四半期以降に再拡大を図るとしています。
《小寺信夫》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  2. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  3. メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

    メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

  4. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  5. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  6. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. 鎖に繋がれた美しき少女と共に世界に色と音を取り戻せ!VRステージクリア型謎解きゲーム『VoxEl』体験レポート

  8. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

  9. 「2017年YouTuberタイアップ動画起用社数ランキング」が公開―業種内訳は「ゲーム」が最も多い結果に

  10. 【東日本大地震】アミューズメント施設の閉店、営業時間短縮について

アクセスランキングをもっと見る