人生にゲームをプラスするメディア

PlayStation Mobile、パブリッシャーライセンスが期間限定で無料に

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、「PlayStation Mobile」パブリッシャーライセンスを期間限定で無料にすると発表しました。

ゲームビジネス その他
「PlayStation Mobile」パブリッシャーライセンス無料バナー
  • 「PlayStation Mobile」パブリッシャーライセンス無料バナー
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、「PlayStation Mobile」パブリッシャーライセンスを期間限定で無料にすると発表しました。

「PlayStation Mobile」パブリッシャーライセンスは、PlayStationStoreからPSMアプリケーションを配信するためのライセンスです。同ライセンスは、実機上でPSMアプリケーションのデバッグ・テストを行うためにも必要になります。

同ライセンスは購入する必要がありましたが、5月8日から9月2日までの期間限定で無料になりました(期間は延長される可能性があります)。今回の無料化は、「エキサイティングなアイディアの実現をサポートするため」とのこと。

期間限定の無料化とは言え、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアの今回の決断は、PSMアプリケーション制作に興味がある人にとって嬉しいことだと思います。この機会を利用して、PSMアプリケーション制作にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

(C)2012 Sony Computer Entertainment Inc. All rights reserved.
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 転換期を迎えたゲーム業界(ChangeBiz)

    転換期を迎えたゲーム業界(ChangeBiz)

  2. 海外の日本コンテンツ市場は、アニメ・マンガ・ゲーム中心の展開に ― 「メディアとコンテンツの産業・市場」レポート

    海外の日本コンテンツ市場は、アニメ・マンガ・ゲーム中心の展開に ― 「メディアとコンテンツの産業・市場」レポート

  3. 任天堂、監査法人を京都監査法人へ

    任天堂、監査法人を京都監査法人へ

  4. 「CRI ADX2」が実現した11人分の“理想の声”―『キャサリン・フルボディ』の緻密なサウンドデザインを開発陣に訊く

  5. 【CEDEC 2014】Cocos2d-xかUnityか・・・よりよい2Dゲーム開発のためのゲームエンジン選びと対策

  6. 【GDC2012】『牧場物語』の和田康宏氏が語る2つのコンセプト~新会社トイボックスの展開も明らかに

  7. 今までのソーシャルゲームを全否定するような企画書を見て驚愕しました・・・『チェインクロニクル』ビジネス戦略について聞く

  8. 任天堂オブアメリカが幹部人事を発表、マーケティング担当に前YahooのCMO

  9. 今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

  10. 『シャドウ オブ ザ ダムド』開発スタッフが語るアンリアルエンジン3・・・「Unreal Japan News」第27回

アクセスランキングをもっと見る