人生にゲームをプラスするメディア

人気ゲームに含まれているバイオレンス要素を分析 ― マリオもエントリー

その他 全般

人気作品に含まれているバイオレンス要素
  • 人気作品に含まれているバイオレンス要素
人気ビデオゲーム作品にどれだけバイオレンス要素が含まれているかを海外サイトが調査し、その結果を報告しています。

これは2012年のトップ50ゲームを対象に調査されたもので、使われている武器の種類に始まり、血が表現されていたりタバコを吸っていたり、セクシャルコンテンツなどが含まれているかまで詳細に渡って内容を分析しています。

青はそれぞれのタイトルを表しており、グラフが長いものほどバイオレンス要素がより多く含まれています。緑はコンテンツの種類となっており、血が表現されていたりタバコを吸っていたり、セクシャルコンテンツが含まれているかなど、内容に関してのグラフとなっています。また、赤は登場する武器の種類で、ライフルやショットガンなどの銃器から、剣や弓などファンタジーに出てくるようなものも対象になっています。

例えば売上トップ1の『Call of Duty: Black Ops II』には、7種類の武器や激しい暴力、乱暴な言葉使いなど合計12の要素が含まれているようです。調査対象のうち68%ものゲームになんらかのバイオレンス要素が含まれていますが、意外なことに銃が使われているのはそのうち38%という結果でした。これは一件無害のフィットネスやスポーツゲームでも、BGMとして流れている音楽が問題になっている例もあり、一概にバイオレンスと言っても全てが暴力的でゴア表現満載というわけではないようです。

面白いのは、平和そのものの『マリオカート7』や『マリオパーティ9』『とびだせ どうぶつの森』などにもバイオレンス要素があり、漫画的ないたずらやアニメ的暴力表現がそれに該当するということです。

サイトにはインタラクティブな表が掲載されており、それぞれのゲームにどのような傾向があるかもわかりやすい内容となっています。興味のある方は、一度訪れてみてはいかがでしょうか?

Violence and guns in best-selling video games
《菜種》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】『モンハン』のやりすぎで彼女に嫌われる

    【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】『モンハン』のやりすぎで彼女に嫌われる

  2. 米州知事が「暴力的ゲーム」を激しく非難、銃乱射事件受け「ゴミ、ポルノと同じ」とコメント

    米州知事が「暴力的ゲーム」を激しく非難、銃乱射事件受け「ゴミ、ポルノと同じ」とコメント

  3. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case01「異常な博士の愛情」

  4. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case02「アイ・アム・ロボット」

  5. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case03「恋人までのディスタンス」

  6. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】『モンハン』の波に乗れないかなしみ

  7. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】パッケージ版とDL版、どちらを選ぶべきか

  8. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case09「奪還・前編」

  9. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case10「奪還・後編」

アクセスランキングをもっと見る