人生にゲームをプラスするメディア

富士通、マイコン・アナログを米スパンシャンに売却 ― 朝刊チェック(5/1)

本日の朝刊チェックです。

その他 全般
本日の朝刊チェックです。

■日刊工業新聞4面 闘うメーカーズ 車1台、丸ごと見積もり
「車1台、丸ごと見積もれる」と豪語する男がいます。彼は有限会社ORIENTAL社長の荻巣 荒一朗氏で、完成車ではなく、フロントガラスや車体フレームなど、自動車のすべての部品を見積もり、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」などの痛車も過去に手掛けています。同社のビジネスは、アジアの部品サプライヤーが支えており、品質を確保するために、自動車ルーカ―の仕事をしている現地企業から調達します。それにより、ビジネスの必要単位を極限まで小さくし圧倒的コストと競争力を兼ね備えたビジネスとなりました。

■日刊工業新聞8面 マイコン・アナログ 米スパンシャンに売却
富士通は、当期赤字729億円をうけて、半導体のマイコン・アナログ事業を米半導体メーカーのスパンシャンに売却すると発表しました。売却額は109億円と、関連の棚卸し資産の約64億円を合わせて合計約173億円、同事業の2013年3月期の売上高550億円となり、上期中に売却作業を終える予定です。

■日刊工業新聞17面 変身ロボ 好みのキャラ演出
自分の好きなアニメや漫画のキャラクター会う夢を実現すべく2013年1月に「異次元」が立ち上がりました。扱うのは、ロボットにCG画像を映しだすことで、ロボットが好みのキャラクターに変身して目の前にいるかのような感覚を味わえる「バーチャルヒューマノイド」です。これは、会話や握手といった動作も可能で、5月末から6月初旬をめずとに予約受付を始め、1年目で120台の販売を目指します。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 「ガンダム」ガシャポン史上最大級のサイズ感実現!モビルスーツ頭部を精密再現

    「ガンダム」ガシャポン史上最大級のサイズ感実現!モビルスーツ頭部を精密再現

  2. 「私はゲームに救われました」―地方にゲーム企業を設立する意味が、SHIFT PLUSへの取材から見えてきた

    「私はゲームに救われました」―地方にゲーム企業を設立する意味が、SHIFT PLUSへの取材から見えてきた

  3. 「FGO」ランサー/エリザベート・バートリーがキュートフィギュアに♪

    「FGO」ランサー/エリザベート・バートリーがキュートフィギュアに♪

  4. 「ゲーマーライフスタイル調査」を実施─10代の約4割がゲーマーを自称

  5. 『エースコンバット7』世界の歴史解説―「ストレンジリアル」ってどんな世界?【年末年始特集】

  6. マサカド公実装&『ベヨネッタ』コラボも発表!『D2メガテン』ファンミーティングレポート

  7. 中国からコスプレイヤーの魔王がやって来た!フォロワー数300万以上の存在感を放つ【インタビュー】

  8. 劇場版「Fate/stay night [HF]」×「ピザハット」キャンペーン1月21日から開催!直筆サイン入りのプレミアムグッズを手にいれよう

  9. もしも『ペルソナ5』がゲームボーイアドバンス用ソフトだったら…海外ファンがピクセルアート公開

  10. 【特集】『エースコンバット』歴代シリーズ解説―最新作『7』との関係は?(11/07更新)

アクセスランキングをもっと見る