人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、日本では既に1割のユーザーがダウンロード版を選んでいる

ゲームビジネス その他

『とびだせ どうぶつの森』ダウンロードカード
  • 『とびだせ どうぶつの森』ダウンロードカード
  • 『トモダチコレクション 新生活』ダウンロードカード
任天堂は、2013年4月25日に行われた決算説明会の質疑応答の資料を公開しました。

決算説明会で岩田社長は、今後の具体的なダウンロード売上高の規模のイメージについて質問されました。

回答によると、『とびだせ どうぶつの森』は前期の出荷数386万本のうち、4分の1がダウンロード版で、発売したばかりの『トモダチコレクション 新生活』も初週(40.5万本)のダウンロード版比率はだいたい10%と、ソフトとの相性はあるものの、日本のマーケットではすでに1割のユーザーがダウンロード版を選んでいるという結果が出ているとのこと。

またビジネス形態についても、パッケージ以外にも、F2Pやもっと単価が安いソフト、月額課金のソフトなど、パッケージソフトとは異なる形態のソフトや、作り手と買い手の選択の幅が増え、どのような柔軟性にも対応できるように、3DSやWii Uではシステムの準備が整っており、それをこれから実践していくようです。

これを踏まえて岩田社長は、「(本日のプレゼンテーションでお知らせした『ダウンロード版を経験されると、次もダウンロード版を選択される方の割合が高い』ということも含めて考えますと、)これから2~3年の間にデジタル比率がおそらく大きく変わるだろうという点では、私のイメージは以前お話ししたときと大きく変わっておりません」と今の考えを明らかにしました。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

    インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

  2. 「ゲーム開発者の選択肢を広げる企業に」CRI・ミドルウェア押見正雄社長に聞く同社の過去・現在・未来

    「ゲーム開発者の選択肢を広げる企業に」CRI・ミドルウェア押見正雄社長に聞く同社の過去・現在・未来

  3. そんな装備で大丈夫か?「TOKYO SANDBOX 2017」に『エルシャダイ』の生みの親、竹安佐和記氏が登壇決定

    そんな装備で大丈夫か?「TOKYO SANDBOX 2017」に『エルシャダイ』の生みの親、竹安佐和記氏が登壇決定

  4. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  5. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  6. 任天堂元幹部、任天堂の意思決定プロセスについて言及「大胆なアイデアは上まで届かない」

  7. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  8. 【GDC 2013】HTML5+JavaScriptで容易にWii Uでのゲーム・アプリ開発が可能に・・・「任天堂ウェブフレームワーク」発表

  9. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  10. 【GTMF2013】ソニー・コンピュータエンタテインメントが紹介するPlayStation向け最新テクノロジー-PS4・AR・脈動検出・PlayViewなど

アクセスランキングをもっと見る