人生にゲームをプラスするメディア

【ニコニコ超会議2】ネット選挙解禁で若者へのアピールを模索する各政党ブース

その他 全般

自民党ブースの街宣カー「あさかぜ」
  • 自民党ブースの街宣カー「あさかぜ」
  • 総裁室も忠実に再現
  • 様々な自民党グッズが販売
  • 安倍総裁のポスターも
  • 民主党ブースはCafe Democrats
  • トークセッションはニコニコでも生中継
  • ほっと一息、できるかな
  • ポスター作成コーナーも
夏の参議院選から選挙運動におけるインターネットの利用が解禁されるのを前に、各党は手探りで活用を模索しています。ニコニコ動画が開催した「ニコニコ超会議2」には、若者インターネットユーザーの心を掴もうと、自民党、民主党、維新の会、共産党の4つの政党が初めてブースを構えました。

自民党は街頭演説などで活躍する宣伝カー「あさかぜ」を設置。来場者が候補者として宣伝カーに乗り込み、街頭演説を体験できるというコーナーを設置。思い思いの「公約」を語っていました(職員さんが日の丸を振ってくれる特典付き)。永田町の自民党本部にある、総裁室も再現。安倍総裁が座っている椅子を体験することもできました。自民党グッズも購入できました。初日には安倍総裁、二日目には石破幹事長が幕張メッセを訪問。力の入れ具合も伝わってくるブースでした。

昨秋の総選挙で野党転落の憂き目を見た民主党もブースを出展。「Cafe Democrat」として落ち着いてコーヒーでも飲めるブース構成に。海江田党首と細野幹事長をカッコ良く映したポスターはなかなか秀逸なのですがお客さんはまばら・・・。党制回復への道は遠そうでした。民主党ブースでは、有志が制作を進めているという「ポリティカルクエスト」というアニメの宣伝が行われていました。永田町・霞ヶ関の実情を「わかりやすく」「身近に」感じてもらえるようなものになるとのこと。

対して、大躍進を果たした維新の会。橋下党首の来場は無かったようですが、等身大ポスターはなかなかの存在感を発揮していました。維新の会ブースでは様々なトークセッションが行われていて、その模様はもちろんニコニコ生放送で中継されていました。こちらのブースでは、維新の会の候補者気分を味わえる、ポスター制作コーナーも用意されていました。

若い子に受け入れられたい、そんな気持ちは共産党も同じのようです。共産党ブースでは機関紙「赤旗」を前面に押し出し、"君がッ! 買うまで! 売り込むのをやめないッ!"とのメッセージもありました。初日は志位委員長も訪れトークセッションに参加、「ネット選挙は超党派で解禁できた素晴らしい例だ」と話していました。購買コーナーでは共産党本部を再現したフィギュアや、もちろん赤旗も購入できました。

四者四様でアピールをしていた各政党。こうしたイベントにはまだ不慣れ、といった雰囲気も伝わってきましたが閑散という感じでもなく、それなりの注目を集めていたよう。こうした努力が選挙の結果を左右するようになるのでしょうか?
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『モンハン:ワールド』発売日決定、PS4版『FFIX』配信開始、スクエニが新作ロボゲー『LEFT ALIVE』発表…など(9/19)

    【昨日のまとめ】『モンハン:ワールド』発売日決定、PS4版『FFIX』配信開始、スクエニが新作ロボゲー『LEFT ALIVE』発表…など(9/19)

  2. 「EVO Japan2018」メイン競技7タイトルを発表、参加受付は12月31日まで

    「EVO Japan2018」メイン競技7タイトルを発表、参加受付は12月31日まで

  3. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

    【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  4. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  5. 【昨日のまとめ】『FGO』どの★4サーヴァントをもらう?、【京まふ2017】新情報満載の『FGO』ステージレポート、日清カップヌードル「謎肉」の正体を暴露!?…など(9/18)

  6. 【特集】「東京ゲームショウ2017」各出展メーカーの特設サイトまとめ(随時更新)

  7. 「TGS2017」カプコンブースの物販情報や、『モンスターハンター:ワールド』の試遊整理券配布場所を公開

  8. 日清カップヌードルの「謎肉」、その正体を暴露!?「名探偵コナン」の“黒い犯人・犯沢さん”が秘密に迫る

  9. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

  10. 【特集】実写映画よりもド迫力!?『ドット絵の名作Steamゲーム―アクション編』7選

アクセスランキングをもっと見る