人生にゲームをプラスするメディア

【ニコニコ超会議2】ネット選挙解禁で若者へのアピールを模索する各政党ブース

その他 全般

自民党ブースの街宣カー「あさかぜ」
  • 自民党ブースの街宣カー「あさかぜ」
  • 総裁室も忠実に再現
  • 様々な自民党グッズが販売
  • 安倍総裁のポスターも
  • 民主党ブースはCafe Democrats
  • トークセッションはニコニコでも生中継
  • ほっと一息、できるかな
  • ポスター作成コーナーも
夏の参議院選から選挙運動におけるインターネットの利用が解禁されるのを前に、各党は手探りで活用を模索しています。ニコニコ動画が開催した「ニコニコ超会議2」には、若者インターネットユーザーの心を掴もうと、自民党、民主党、維新の会、共産党の4つの政党が初めてブースを構えました。

自民党は街頭演説などで活躍する宣伝カー「あさかぜ」を設置。来場者が候補者として宣伝カーに乗り込み、街頭演説を体験できるというコーナーを設置。思い思いの「公約」を語っていました(職員さんが日の丸を振ってくれる特典付き)。永田町の自民党本部にある、総裁室も再現。安倍総裁が座っている椅子を体験することもできました。自民党グッズも購入できました。初日には安倍総裁、二日目には石破幹事長が幕張メッセを訪問。力の入れ具合も伝わってくるブースでした。

昨秋の総選挙で野党転落の憂き目を見た民主党もブースを出展。「Cafe Democrat」として落ち着いてコーヒーでも飲めるブース構成に。海江田党首と細野幹事長をカッコ良く映したポスターはなかなか秀逸なのですがお客さんはまばら・・・。党制回復への道は遠そうでした。民主党ブースでは、有志が制作を進めているという「ポリティカルクエスト」というアニメの宣伝が行われていました。永田町・霞ヶ関の実情を「わかりやすく」「身近に」感じてもらえるようなものになるとのこと。

対して、大躍進を果たした維新の会。橋下党首の来場は無かったようですが、等身大ポスターはなかなかの存在感を発揮していました。維新の会ブースでは様々なトークセッションが行われていて、その模様はもちろんニコニコ生放送で中継されていました。こちらのブースでは、維新の会の候補者気分を味わえる、ポスター制作コーナーも用意されていました。

若い子に受け入れられたい、そんな気持ちは共産党も同じのようです。共産党ブースでは機関紙「赤旗」を前面に押し出し、"君がッ! 買うまで! 売り込むのをやめないッ!"とのメッセージもありました。初日は志位委員長も訪れトークセッションに参加、「ネット選挙は超党派で解禁できた素晴らしい例だ」と話していました。購買コーナーでは共産党本部を再現したフィギュアや、もちろん赤旗も購入できました。

四者四様でアピールをしていた各政党。こうしたイベントにはまだ不慣れ、といった雰囲気も伝わってきましたが閑散という感じでもなく、それなりの注目を集めていたよう。こうした努力が選挙の結果を左右するようになるのでしょうか?
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. あなたと相性ピッタリの“どうぶつ”は?「どうぶつの森 ポケットキャンプ占い」が“いいね”7千超えで人気沸騰

    あなたと相性ピッタリの“どうぶつ”は?「どうぶつの森 ポケットキャンプ占い」が“いいね”7千超えで人気沸騰

  2. TRPG版『DARK SOULS III』続刊「LORD OF CINDER FALLEN」発売開始!

    TRPG版『DARK SOULS III』続刊「LORD OF CINDER FALLEN」発売開始!

  3. GOTYは『ゼルダの伝説 BotW』に決定!「2017 Golden Joystick Awards」受賞作品リスト

    GOTYは『ゼルダの伝説 BotW』に決定!「2017 Golden Joystick Awards」受賞作品リスト

  4. 西武鉄道がアニメ化!観光地を舞台としたラブロマンス

  5. 【特集】「デスクトップアーミー」×「フレームアームズ・ガール」コラボ第1弾「KT-321f 轟雷」フォトレビュー

  6. 【特集】「エクスカリバーしゃもじ」が大人気!コラボの経緯も明らかになった劇場版「Fate/stay night [Heven’s Feel]」×カプコンカフェレポート

  7. カービィとワドルディのキュートな姿を和菓子で完全再現「食べマス 星のカービィ」がローソンにて販売

  8. 【昨日のまとめ】GOTYは『ゼルダの伝説 BotW』に決定、「エクスカリバーしゃもじ」が大人気!コラボカフェレポート、『ガルパン ドリームタンクマッチ』発売日決定…など(11/18)

  9. 【週刊インサイド】『FGO』臣下になりたい王様のアンケート結果が人気! 多彩な特集や『FGO』コラボも関心高まる

  10. 【レポート】「日本におけるeスポーツの夜明け」を目指して─AMDが「闘会議」に賞金1,000万円を拠出すると発表

アクセスランキングをもっと見る