人生にゲームをプラスするメディア

『インジャスティス: 神々の激突』ジョーカー、ワンダーウーマン、ソロモン・グランディの攻略情報をお届け

任天堂 Wii U

トリッキーな動きで相手を撹乱するような動きが得意なキャラクター
  • トリッキーな動きで相手を撹乱するような動きが得意なキャラクター
  • 「ジョーカー」バットマンの最大のライバルであり、DCコミックスを代表するヴィランの一人。
  • ソードモードとラッソモードの2種類のモードを切り替えて戦うことのできるテクニカルキャラクター。
  • 「ワンダーウーマン」女だけの国セミスキラの姫。ギリシャの神ヒッポリテの娘
  • パワーキャラであり、狙うは強力な投げ技という、非常にコンセプトの分かりやすいキャラクター
  • 「ソロモン・グランディ」その名を19世紀の子守唄に因む怪人で、怪力の持ち主であるが知能は低い
ワーナー・ホーム・ビデオ/デジタル・ディストリビューションは、Wii U/PS3ソフト『インジャスティス: 神々の激突』のゲージシステムとプレイヤブルキャラクターである3人のキャラクター設定を公開しました。

『インジャスティス: 神々の激突』は、DCコミックスのスーパーヒーロー達によるオリジナルストーリーと、新感覚な対戦が楽しめる対戦格闘ゲームです。開発は、『モータルコンバット』シリーズを制作しているNetherRealm Studiosが担当しています。

今回公開されたのは、「ゲージシステム」とプレイアブルキャラクターである「ジョーカー」「ワンダーウーマン」「ソロモン・グランディ」の設定と攻略情報です。

■ゲージシステム
ゲージを消費して発動する技は、スーパームーブだけではなく、キャラクターの持つそれぞれの特殊ムーブを強化するために使用することもできます。ゲージの一部を消費することでダメージの上昇や、技の隙を軽減させる効果を得ることができ、全ての特殊ムーブがゲージ対応技ではなく、一部の技が対応技となっています。つまり、キャラクターごとの特色を強く表した技であり、主力として使える技でもあるということです。

■ジョーカー
――設定
バットマンの最大のライバルであり、DCコミックスを代表するヴィランの一人。バットマンに対しては異常な執着を見せ、バットマンを苛立たせるのが何よりの楽しみで、正義の執行は行うが殺しを禁忌とするバットマンを偽善者や自らと同じ狂人として嘲笑します。人を小馬鹿にしたような言動をとりつつも、残虐なことをやってのける異常な人格の持ち主。本作では手数の多いテクニカルキャラクターで、対戦相手を馬鹿にしたような挙動でトリッキーな動きを見せます。

――能力解説・攻略
トリッキーな動きで相手を撹乱するような動きが得意なキャラクター。移動スピードや技の出は早い方で、比較的コンボも使用しやすいものが用意されています。特色は「カウンター技」で、相手の打撃技に合わせて出すことで攻撃を無効化しつつ、カウンター攻撃を仕掛けることができる格闘ゲームユーザーではおなじみの「当て身系」の特殊技となっています。上段と下段の2種類があり、受付時間はややシビアですが、成功したときのリターンは相応の物があり、何よりも「してやったり感」が感じられる技なので、非常にジョーカー向けの技であると言えます。スーパームーブはパイ状の飛び道具を投げ、ヒットするとそこから連続演出へと移行します。発生が速く、浮かせ技のアッパーなどからコンボにすることが簡単なため、狙う機会は比較的多いです。

■ワンダーウーマン
――設定
女だけの国セミスキラの姫。ギリシャの神ヒッポリテの娘。エイリアンの襲来により世界が危機に瀕した際、我慢できずにセミスキラを出発し、ワンダーウーマンとしての活動を開始しました。飛行能力、怪力などの特殊能力を持ち、それを武器に戦います。本作ではラッソモードとソードモードを切り替えつつ戦うテクニカルキャラで、状況に応じて二つのモードを使い分けることができ、どんな相手でもフレキシブルに立ち回ることができますが、ややテクニックを要する中級者以上向けのキャラクターと言えます。

――能力解説・攻略
ソードモードとラッソモードの2種類のモードを切り替えて戦うことのできるテクニカルキャラクター。ラッソモードは、空中を浮遊しす機動力が高いモードで、比較的リーチの長い技を持っており、タイミングを見て牽制しつつ相手の懐に飛び込んだり、距離をとって相手を寄せ付けないような戦い方が可能です。ソードモードは地面に着地しており、機動力は下がるものの、手数の多さ、技の出るスピードが速くなるため、固めやラッシュはこちらのモードを使うのがおすすめです。間合い管理とモードの切り替えが重要なキャラクターなため、他のキャラクターに比べて多少習熟が必要なキャラクターですが、その分技数は多彩で、各キャラクターに対しての適応性も高いです。デモ版にも収録される予定なので、使うことを検討しているプレイヤーは発売までに慣れておきましょう。

■ソロモン・グランディ
――設定
その名を19世紀の子守唄に因む怪人で、怪力の持ち主であるが知能は低い。かつてはサイラス・ゴールドという富豪であったが、スロータースワンプという沼に落ち、泥や葉と合体したゾンビのような姿になってしまい、不死の存在の彼は、崩壊と再生を繰り返しています。本作では、見た目通りのパワーキャラで、特に投げ技に特化したキャラクターとなっており、鈍重ではあるが接近さえできれば多彩な投げ技で相手を圧倒することができます。

――能力解説・攻略
パワーキャラであり、狙うは強力な投げ技という、非常にコンセプトの分かりやすいキャラクター。移動速度こそあまり早くないものの、リーチは優れていて、素早い差し合いこそ苦手ではあるものの、充分打撃でも戦うことができます。コンボに関しても簡単かつ高威力の物のあり、ある種のお手軽さも持っています。特筆するべきは、一部の技に設定されている相手の打撃無効状態で、これによって多少の相手の打撃であれば無視しつつ、投げ技を強引に決めることもできるため、自分の戦い方を押しつけやすいキャラクターでもあります。スーパームーブは発動後一定時間持続し、時間内に相手をつかむことで発動する強力な投げ技。相手の攻撃の割り込みで発動させ、投げをねじ込んだり、ラッシュの途中に発動し、よりプレッシャーを掛けるなどの使い方ができます。

今後も、他の参戦キャラクターの設定と攻略情報が公開予定となっているのでお楽しみに。

『インジャスティス:神々の激突』は、6月6日に発売予定で価格は7,280円(税込)です。

INJUSTICE: GODS AMONG US software (C) 2013 Warner Bros. Entertainment Inc. Developed by NetherRealm Studios. All other trademarks and copyrights are the property of their respective owners. All rights reserved.
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

    【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  2. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』あるある10選!マリオは旅に夢中でピーチ姫のことを忘れちゃう!?

    【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』あるある10選!マリオは旅に夢中でピーチ姫のことを忘れちゃう!?

  3. 【特集】Nintendo Switchあるある8選!スイッチを買うと寝不足になってソフトを舐めるようになる…?

    【特集】Nintendo Switchあるある8選!スイッチを買うと寝不足になってソフトを舐めるようになる…?

  4. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  5. 『PUBG』のBlueholeがPS4/Switch向け新規IPを開発中―アジア市場をターゲットに

  6. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』Ver.1.4.0の注目ブキ8選!これからはこいつらが暴れる!?

  9. 【特集】『星のカービィ』シリーズ、絶対に忘れられないシーン10選

  10. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

アクセスランキングをもっと見る