人生にゲームをプラスするメディア

映画「サイレントヒル:リベレーション3D」公開記念、静岡県が「サイレントヒル県」に改名

その他 全般

“サイレントヒル県”ホームページ
  • “サイレントヒル県”ホームページ
  • 「サイレントヒル:リベレーション3D」
 7月12日より日本公開となる『サイレントヒル:リベレーション3D』。ホラーアドベンチャーゲーム「サイレントヒル」を3Dで完全映画化した本作に、追い風。なんと4月1日に、静岡県が“サイレントヒル県”と名称を改めることを発表したというのだが……。

 静か=サイレント、岡=ヒルという、日本語を英語に直訳した駄洒落だ。配給・宣伝スタッフは「静岡がサイレントヒルと言われていることは知っていたが、改名するなんて夢にも思ってもいなかった。これほどの追い風は無い! 霧が晴れたようなすがすがしさだ」と語り、早急に関係を強化するという。

 サイレントヒル茶の共同開発や、富士山のイメージキャラクターにレッドピラミッド、各病院にバブルヘッドナースを婦長にといった、「サイレントヒル」の人気キャラクターを起用する声も上がっている。映画『サイレントヒル:リベレーション3D』が7月12日から公開を予定しており、静岡改めサイレントヒル県と相乗効果で盛り上がりを見せそうだ。

 もっとも静岡県側からの発表はなく、配給会社によるエイプリルフールの仕掛けかもしれない。

<ストーリー> 18歳の少女ヘザーは、サイレントヒルという謎の街でおぞましい“何か”に追われる悪夢にうなされている。そんなある日、父親が失踪を遂げる。壁には「サイレントヒルに来い」という血文字が残されていた。迷宮の奥深くへと身を投じたヘザーは、封印された自らの出生の秘密、そしてサイレントヒルの呪われた真実を探り当てていく。7月12日(金)、TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー。

静岡県が“サイレントヒル県”に改名 4月1日に発表

《高木啓@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「集中力増加サプリ」を試したゲーマーの身体に起きたこと【実験企画】

    「集中力増加サプリ」を試したゲーマーの身体に起きたこと【実験企画】

  2. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

    『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  3. 【特集】お手軽にファンタジーな地図を作れるサイトがすごい

    【特集】お手軽にファンタジーな地図を作れるサイトがすごい

  4. 「闘会議2018」で『スプラトゥーン2』『UNDERTALE』などを生演奏!ステージ情報が明らかに

  5. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  6. 『PUBG』中国のリージョンロック署名運動、賛同者が初期目標の5,000人突破

  7. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』意外なグッズ8選、ゲーム中に部屋に入られた28歳男性が発砲、『アズールレーン』軽巡洋艦・ホノルルが近日登場…など(1/16)

  8. 3Dと実写、見分けつく?『NieR:Automata』2B海外ファンアートが現実レベル

  9. 【特集】ゲームでイライラする10の要素

  10. セガサターンパッド復活!公式ライセンス新型パッド正式発表―PC向けも用意

アクセスランキングをもっと見る