人生にゲームをプラスするメディア

『戦国BASARA』が宝塚歌劇に!宝塚歌劇花組公演 ミュージカル・ロマン「戦国BASARA」-真田幸村編-上演決定

その他 全般

『戦国BASARA』が宝塚歌劇になって上演決定
  • 『戦国BASARA』が宝塚歌劇になって上演決定
  • 真田幸村役 蘭寿とむさん
  • いのり役 蘭乃はなさん
  • 上杉謙信役 明日海りおさん
  • 宝塚歌劇花組公演 ミュージカル・ロマン「戦国BASARA」-真田幸村編-
カプコンは、東急シアターオーブにて、宝塚歌劇花組公演 ミュージカル・ロマン「戦国BASARA」-真田幸村編-を上演すると発表しました。

『戦国BASARA』は、戦国時代を舞台にした「スタイリッシュ英雄アクション」ゲームシリーズです。アニメや舞台などさまざまメディアにも展開し、シリーズに登場する大胆にアレンジされた戦国武将のキャラクターは、女性からも高い人気を得ています。

宝塚歌劇花組公演 ミュージカル・ロマン「戦国BASARA」-真田幸村編-は、『戦国BASARA』シリーズで高い人気を誇る武将「真田幸村」を主人公として上演。武田信玄の家臣として、二本槍を駆使し、戦場を疾走する熱き闘将「真田幸村」役に宝塚歌劇団花組トップスターの蘭寿とむさんが挑みます。

また、武田信玄の宿敵となる軍神「上杉謙信」役には、新たに月組から花組に異動する明日海りおさんが、「戦国BASARA」の新たなヒロインキャラクターとして登場する「いのり」役に、花組トップ娘役の蘭乃はなさんがそれぞれ挑戦します。

武田軍の武将として活躍する「真田幸村」と、相対する「上杉謙信」の戦いや人間ドラマを主軸に『戦国BASARA』シリーズでも人気を集める様々な武将たちも登場して『戦国BASARA』の世界観を宝塚ミュージカルとして描き出します。

■物語
時は戦国時代―。様々な群雄が割拠し領地争いにしのぎを削る中、甲斐の武田信玄と越後の上杉謙信もまた、互いの雌雄を決するべぐ、川中島で幾度となく烈しい合戦を繰り広げていた。

甲斐の虎、武田信玄から厚く信頼されている、武田軍の若き闘将、真田幸村は、情熱的で忠誠心が強く、合戦の場では二本槍を自在に駆使する圧倒的な力で、武田軍の攻撃の要として活躍していた。

幸村の幼馴染として密かに想いを寄せるいのりは、甲斐の国で幸村の戦果を耳にするたび、彼のあまりにも実直すぎる生き方や、わが身も顧みない烈しい戦い方にその身を案じていた。

一方、武田軍と相対する上杉謙信は、その人知を超越した戦いぶりから越後の軍神として畏怖されていたが、戦場を疾風迅雷の勢いで進撃する幸村の姿に瞠目し、敵ながらその力を認めるのであった。

戦国の世に異なる夢を描きながら、直接対決へと向かっていく幸村と謙信。それぞれの運命がまた大きく動き出していく・・・。

■宝塚歌劇花組公演 ミュージカル・ロマン「戦国BASARA」-真田幸村編-
上演期間:2013年6月15日(土)~7月1日(月)
会場:東急シアターオーブ
チケット価格:S席 8,500円(税込)、A席 6,000円(税込)、B席 3,000円(税込)

チケット取り扱いプレイガイド:
宝塚歌劇オンラインチケット、TBSオンラインチケット、Bunkamuraオンラインチケット、Bunkamuraチケットセンター、チケットぴあ、CNプレイガイド、ローソンチケット、e+(イープラス)にて4月21日(日)より前売開始

主な配役(敬称略):
真田幸村役 蘭寿とむ
いのり役 蘭乃はな
上杉謙信役 明日海りお

原作・監修・制作協力:カプコン
脚本・演出:鈴木 圭
主題歌:千住明
制作・著作:宝塚歌劇団
主催:TBSテレビ・TBSラジオ・阪急電鉄
特別協力: Bunkamura

新たに宝塚歌劇として描かれる『戦国BASARA』の世界。ゲームのファンはもちろん、宝塚ファン、ミュージカルファンの方も必見です。

(C)TAKARAZUKA REVUE COMPANY (C)CAPCOM
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『ポケ森』『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付中!―30%オフクーポンも配布

    『ポケ森』『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付中!―30%オフクーポンも配布

  2. 【特集】「男が惚れる漢ゲームキャラ」10選

    【特集】「男が惚れる漢ゲームキャラ」10選

  3. 【読者アンケート】「あなたが12月に買う新作タイトルは?」結果発表─1位は脅威の40%超え! 人気シリーズの最新作が上位を占める

    【読者アンケート】「あなたが12月に買う新作タイトルは?」結果発表─1位は脅威の40%超え! 人気シリーズの最新作が上位を占める

  4. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case07「街」

  5. 【昨日のまとめ】バーチャルコンソール版『ポケモン クリスタルバージョン』配信決定、『スプラトゥーン2』Ver.2.1.0をチェック、『ポケモン US・UM』ウルトラネクロズマを紹介…など(12/15)

  6. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case01「異常な博士の愛情」

  7. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case02「アイ・アム・ロボット」

  8. コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴―『真・三國無双』シリーズなどに関する訴えが棄却に

  9. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  10. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case06「interlude」

アクセスランキングをもっと見る