人生にゲームをプラスするメディア

『SOUL SACRIFICE』サウンドトラック発売決定 ― 光田康典氏、鋒山亘氏作曲による豪華オーケストラ曲を完全収録

ティームエンタテインメントは、ソニー・コンピュータエンタテインメントのPlayStation Vitaソフト『SOUL SACRIFICE』のオリジナルサウンドトラックを発売すると発表しました。

ソニー PSV
光田・鋒山、両氏のサウンドを堪能「SOUL SACRIFICE オリジナルサウンドトラック」発売
  • 光田・鋒山、両氏のサウンドを堪能「SOUL SACRIFICE オリジナルサウンドトラック」発売
ティームエンタテインメントは、ソニー・コンピュータエンタテインメントのPlayStation Vitaソフト『SOUL SACRIFICE』のオリジナルサウンドトラックを発売すると発表しました。

好評発売中の『SOUL SACRIFICE』のオリジナルサウンドトラックの発売が決定。『SOUL SACRIFICE』の音楽は、『ゼノサーガ エピソード I』や『クロノ・クロス』など数々のゲームやテレビアニメなどの音楽で活躍している光田康典氏と、『AFRIKA』『バイオハザード5』などのゲームや映画・テレビ音楽を手掛けてきた鋒山亘氏の2名が担当しています。

米・スカイウォーカー・サウンドにて総勢100名からなるフルオーケストラにて収録されたゲームを彩る壮大なオーケストラサウンドを完全収録。ブックレットにはクリエイターのコメントも掲載されているほか、初回限定特典にはゲームで使用できるダウンロードコンテンツ「精霊の炎球根」のプロダクトコードが封入されています。

■SOUL SACRIFICE オリジナルサウンドトラック
アーティスト:光田康典、鋒山亘
発売日:2013年3月13日(水)
価格:3,150円(税込)
発売元:ティームエンタテインメント
販売元:ソニー・ミュージック ディストリビューション
初回限定特典:ダウンロードコンテンツ「精霊の炎球根」プロダクトコード

【収録トラック】
01. 希望なき序奏
02. 終わりの始まり
03. 虚無が鳴らす静寂
04. ある魔法使いの生涯
05. かつて空は青かった
06. 人ならざる者達
07. 戦場に残ったもの
08. 涙の音色
09. 魔の瘴気
10. 黒き荘厳
11. 胸に秘めた鎮魂歌
12. 罪深き右腕を見つめて
13. 沸き立つ邪気
14. 力への意志
15. 飛翔する悪夢
16. 傷だらけの頁
17. 偏屈者狂想曲
18. その殺意は陽炎の如く
19. 灰色の雨
20. 魂の旋律 -main theme-
21. 安らぎの吐息
22. 災いの足音
23. 恨みの数だけ地鳴りが響く
24. 例えこの体が朽ち果てても
25. 線でつながる過去
26. 亡者達の行進
27. 悪意の黒炎
28. 深淵なるこの世界
29. 心の瓦解音
30. 悲しき再会
31. 永遠の戦いに終止符を
32. 希望は未来の頁とともに

光田康典氏と鋒山亘氏、2人が生み出す豪華な音楽に浸って、『SOUL SACRIFICE』をより一層楽しんでみてはいかがでしょうか。

(C)2013 Sony Computer Entertainment Inc.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  2. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

    『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  3. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

    不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  4. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  5. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  6. 雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

  7. 10年の全てを熟成させた『Devil May Cry 5』は「カッコいい」ありき―クリエイター陣が語る「ファンのために作られたDMC」とは

  8. 『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

  9. 『キングダム ハーツIII』プレイレポーソラもわたしも全然変わっていなかった【TGS2018】

  10. 【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

アクセスランキングをもっと見る