人生にゲームをプラスするメディア

【MWC 2013】表は液晶、裏はE-ink、ロシア発のスマホ「Yota Phone」に触れた

モバイル・スマートフォン Android

表面の様子
  • 表面の様子
  • 裏面の様子
  • どんな画面でも表示可能
  • ブースは独特の雰囲気
ロシアのYota Devicesが昨年末に発表したスマートフォン「Yota Phone」が、バロセロナで開幕したMobile World Congressにて初公開されました。

「Yota Phone」の特徴はデバイスの両面に画面が備わっていること。表面は4.3インチのLCDディスプレイ、裏面は4.3インチの電子インクディスプレイとなっています。バッテリー消費を極端に抑えられる電子インクを利用することで、単なる2画面の携帯電話とは異なる利用方法が考えられそうです。



MWCの会場では世界初公開のデバイスを1台だけ展示。「まだ開発中」とのことでしたが、双方の画面を連携させる使い方を体験できました。表面は一般的なAndroidスマートフォンと変わらない雰囲気ですが、その画面を裏面にタッチ一つで焼き付けられるのが特徴。例えば好きな画像を表示しておいたり、天気予報や今日のスケジュールを表示しておいたり、といった用途がありそうです。また、友達に何かを伝える際にも便利そうです。

様々なノーティフィケーション(通知)を受ける画面としても裏面は有益そうです。例えば、不在着信、テキストメッセージ、ソーシャルメディアのアップデート、メールといったものも、裏面を広く使えることで、便利に受け取れます。

もちろん、電子インクディスプレイということで、Kindleのように読書など長期間ディスプレイを眺める行為に対しても役立ちます。

OSはAndroid 4.2 Jelly Beanを搭載。CPUはクアルコムのデュアルコア1.5GhzのSnapdragon MSM 8960。メモリは2GBのRAMが搭載され、保存領域は32GB/64GB。重量は140グラムほど。表面の液晶はジャパンディスプレイ製で、周辺の設計はエプソンセミコンダクターが行ったそうです。発売は2013年後半。
《土本学》

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 【TGS2017】山元哲治が伝えたい“想い”とは? スマホでリリースする理由は?『ポポロクロイス物語 ~ナルシアの涙と妖精の笛』インタビュー

    【TGS2017】山元哲治が伝えたい“想い”とは? スマホでリリースする理由は?『ポポロクロイス物語 ~ナルシアの涙と妖精の笛』インタビュー

  2. 『FGO』好きな星4サーヴァントが1騎もらえる!1000万DL記念キャンペーン

    『FGO』好きな星4サーヴァントが1騎もらえる!1000万DL記念キャンペーン

  3. ドラマチックファンタジーRPG『ORDINAL STRATA』事前登録が開始!―上坂すみれと近藤玲奈のボイス入りめざまし時計が当たるキャンペーンも

    ドラマチックファンタジーRPG『ORDINAL STRATA』事前登録が開始!―上坂すみれと近藤玲奈のボイス入りめざまし時計が当たるキャンペーンも

  4. 『FGO』、「1000万DL記念ピックアップ召喚」とりあえず10連―マーリン!王の話をしてくれ!

  5. 【読者アンケート】『FGO』1000万DL突破キャンペーンどの★4サーヴァントをもらう?

  6. 『ときメモ』シリーズに新展開!『ときめきアイドル』発表─今度はアイドル候補生とコミュニケーション

  7. 【京まふ2017】アーケード版『Fate/Grand Order Arcade』の筐体で使用する実物のカードも展示

  8. 『ぷよぷよ!!クエスト』育てたキャラクターで腕試し!新要素“とことんの塔”の情報が公開

  9. 【プレイレポ】謎解きも!『ぷよクエ』×「名探偵コナン」コラボイベントはストーリーから音楽までコナンの世界観に

  10. 【TGS2017】『ラブプラス EVERY』VR体験レポート―この存在感と破壊力に全国のカレシは耐え切れるか!?

アクセスランキングをもっと見る