人生にゲームをプラスするメディア

海外レビューハイスコア 『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』

ソニー PS3

METAL GEAR RISING REVENGEANCE
  • METAL GEAR RISING REVENGEANCE
  • 海外レビューハイスコア 『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』
ワールドワイドでいよいよ今週発売を切る、小島プロダクション/プラチナゲームズ/コナミのメタルギア外伝こと『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』の海外レビューです。

■Guardian:100/100
メタルギア神話はかつてこれほど俊敏で新鮮で若々しかったことはなかったが、プラチナの技巧的なプログラマーの手で輝きを放ったのは、単にゲームの舞台だけに留まらず、オブジェクト切断や驚嘆の高速3Dマニピュレーションにも及んだ。『METAL GEAR RISING』は技術的マスターピースであり、重苦しいシリーズにテーマパークのような楽しみをもたらし、かつ『ベヨネッタ』のベテランが巧みな技能を表現するのに十分な容量を超えるものが込められている。

■GameTrailers:92/100
『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』は滅多に見られない厳格で忠実な完成度を持ったアメージングなアクションゲームだ。プレイ時間が短いのは問題ではなく、そこに用意された全てを考慮すれば間違いなく2回目をプレイするだろう。敵をバラバラに切り刻むのがこれほど快感なのは久しぶりだ。雷電を再び見ることになっても驚かないだろう。

■Polygon:90/100
プラチナゲームズは類まれなる仕事を成し遂げた。ファンに愛されるシリーズに敬意を払いながら、全く新しいジャンルへと層を拡大することに成功したのだから。

■Eurogamer:90/100
もし『REVENGEANCE』にカメラの問題がなければ容易に満点のスコアを与えていただろう。とはいえ現状のままでも十分に素晴らしい出来で、ジャンルの中で新たな領域の杭を打ちたて、いくつかの『メタルギア』キャラクター性をしっかり組み込み、ライバルに圧倒的な差を付けている。これはまさにプラチナゲームズの独壇場であり、プレイする度にスピード感と腕前が飛躍的に向上していく体験で、一回分のチケットが何回分にも値している。『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』はスリリングで非の打ちどころのないアクションゲームだ。

■Destructoid:90/100
『METAL GEAR RISING』は『SOLID』ではない。だが『METAL GEAR』であることは確かだ。フランチャイズ特有の壮大なスケールの強調や複雑なプロットに欠けるものの、世界観を壊すようなことはなく、アクション満載の戦闘をたっぷり用意していることから、ストーリーについて誰かがとやかく言う必要はないだろう。長年のファンは、本作が能力も経験も大幅に異なるチームのアプローチによる全く別のシリーズであることを認識すべきだ。彼らのやり遂げた仕事は驚くべきもので、欠点やちょっとした不満を見事打ち消している。

■GameSpot:85/100
・総評
スタイルと技術的な才気の見事なショー。『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』は荒々しく突き進み、後ろを振り返るはまずない。
・長所
プレイヤーの反応力を興奮させるスピード感溢れる戦闘。
深みととっつきやすさが共存。
破壊しまくれる環境は決して色褪せない罪深い楽しさ。
雷電の興味深いストーリーが彼のスポットライトへの復活を証明。
・短所
頻繁なカメラの問題に邪魔される。
大部分のステージ背景はバラエティが不足。
先が予測できる国家的プロットに興奮が冷める。

■IGN:85/100
・総評
型破りで不完全な『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』ほどに、興奮と、やりがいと、スピード感を持ったアクションゲームは滅多にない。
・長所
高速でスタイリッシュ、かつテクニカルな剣さばき。
飛び抜けて元気な音楽。
アップグレードやアンロック要素はリプレイの動機。
Blade Modeは思った以上に賢い。
・短所
頼りないカメラ視点と定期的なゲームプレイの中断。

■Game Informer:78/100
私は長年の『メタルギア』ファンであり『ベヨネッタ』は今世代でお気に入りのゲームのひとつだったので、コナミとプラチナゲームズが『REVENGEANCE』のパートナーシップを発表した時は有頂天になった。だが、例えあなたが『メタルギア』世界の重要な発展あるいは満足のいくアクション体験を望んでいようと、本タイトルは『メタルギア』の皮をかぶった『ベヨネッタ』ではなく、期待に達していない。残忍なサイボーグが巨大メカを切り刻むのは楽しいが、制約のあるデザインと正確さの欠落により、雷電が両方の世界の良い部分を取り入れるのを阻んでいる。

■Playstation Official Magazine UK:70/100
悲しいかな、戦闘は十分な深みを持たず、アクションゲームジャンルのベストには達していない(Ninja Theoryの『DmC』リブートにも及んでいないのは確か)。全体の体験において残念な使い捨て感が存在する。本作は正しく尊敬を持って救い出されたプロジェクトであるが、力を振り絞っても切れ味はかなり悪い。

■WorthPlaying:65/100
『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』がフル回転している間は、目を見張る光景だ。雷電が敵を細切れにしてバックにはスピードメタルの音楽が流れるのは疑いようもなく印象的。ところがゲームのプレイに十分な時間を費やした後は、その美しさが表面上だけのものであることが明白になってくる。『REVENGEANCE』はプレイするよりも鑑賞しているだけの方がより感動的で、間違いなく『ベヨネッタ』ではない。



昨日よりも更にレビュー数が増えたMetacritic.comでの平均値は、現在PS3版が80点(39レビュー)、Xbox 360版が82点(24レビュー)という状況。速報でもお伝えした通り、プラチナゲームズの十八番であるアクション部分はほぼ全会一致の好感触ながら、カメラ視点の問題やストーリーの物足りなさが各所で指摘。



また、伝統ある『METAL GEAR SOLID』シリーズ、そして傑作アクション『ベヨネッタ』両方を比較対象に挙げるような批評家の意見がちらほらあり、小島プロダクションとプラチナゲームズには想像以上に高いハードルがあったことが伺えます。

しかし、異例の開発再委託に伴う方針転換やプロジェクトの再始動があったことを踏まえれば、本作は申し分のない評価を受けたと言えるのではないでしょうか。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS4『アリカ 謎の格闘ゲーム(仮称)』が国内初出展―日本語コマンド表も

    PS4『アリカ 謎の格闘ゲーム(仮称)』が国内初出展―日本語コマンド表も

  2. 『ルーマニア #203』をリスペクト! 謎のベールに包まれた『project one-room(仮』発表―「お待ちかね、新しいワンルーム」

    『ルーマニア #203』をリスペクト! 謎のベールに包まれた『project one-room(仮』発表―「お待ちかね、新しいワンルーム」

  3. 『ACE COMBAT7: SKIES UNKNOWN』戦闘機の空戦機動を再現した「Post Stall Maneuver」を公開

    『ACE COMBAT7: SKIES UNKNOWN』戦闘機の空戦機動を再現した「Post Stall Maneuver」を公開

  4. 『モンスターハンター:ワールド』製品概要公開―“ネルギガンテ”フィギュア付き限定版も

  5. 『V!勇者のくせになまいきだR』特別実写プロジェクト始動―実写映像第1弾が公開

  6. 『しあわせ荘の管理人さん。』PSVR対応が中止―ただし発売後アップデートで部分実装

  7. 『FFXV』「オンライン拡張パック:戦友」が10月31日より配信開始、TGS2017への出展も決定

  8. 『モンスターハンター:ワールド』パッケージモンスターが判明!新PVも公開に

  9. スクエニから新作ロボゲー『LEFT ALIVE』が発表!【UPDATE】

  10. PS4版『FFIX』発表! 本日9月19日よりPS Storeで配信開始

アクセスランキングをもっと見る