人生にゲームをプラスするメディア

まさに都市シミュレーター?EAが『シムシティ』を学習授業で使用できる“SimCityEDU”を発表

都市運営シミュレーションとして不動の地位を築き上げているシムシティシリーズですが、EAがなんとそのシリーズ最新作『シムシティ』を利用して、近代都市の構造を学ぶことができる“SimCityEDU”を現在開発しているとプレスリリースにて発表しました。

ゲームビジネス その他
まさに都市シミュレーター?EAが『シムシティ』を学習授業で使用できる“SimCityEDU”を発表
  • まさに都市シミュレーター?EAが『シムシティ』を学習授業で使用できる“SimCityEDU”を発表
都市運営シミュレーションとして不動の地位を築き上げているシムシティシリーズですが、エレクトロニック・アーツがなんとそのシリーズ最新作『シムシティ』を利用して、近代都市の構造を学ぶことができる“SimCityEDU”を現在開発しているとプレスリリースにて発表しました。EDUはEducation、つまり教育や学習を意味する単語となっています。

このSimCityEDUはビデオゲーム『シムシティ』をベースにした“オンライン教育コミュニティ”かつSTEM(科学、技術、工学、数学)に興味のある生徒のための“学習ツール”であると記載。利用することで教師は『シムシティ』をベースとした授業をプランしシェアすることが可能で、生徒たちは『シムシティ』を通して近代都市が直面している困難や都市計画、環境マネージメント、社会経済開発について学ぶことができるとされています。

SimCityEDUのカリキュラム及びツールは、米国の州が教育基準を策定しようとする取り組みU.S. Common Core Standardsにも関連していくとのことで、今後はゲームでは無く学習用の都市シミュレーターとしてもその名を広めていくかもしれません。なおゲーマー達の求めるゲーム版『シムシティ』は北米で3月5日、国内では3月7日にリリース予定です。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  2. 「CEDEC 2018」で存在感を放ったリアルタイムアンケートシステム「respon」の魅力とは

    「CEDEC 2018」で存在感を放ったリアルタイムアンケートシステム「respon」の魅力とは

  3. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

    ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  4. 今週発売の新作ゲーム『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』『The MISSING J.J.マクフィールドと追憶島』『竜星のヴァルニール』他

  5. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  6. 【オールゲームニッポン】日本は世界でも稀有な母系社会(第12回)

  7. フルGC映画「biohazard DEGENERATIONS」が2週間限定で先行公開!

  8. 秋葉原の洋ゲー専門店を調査・・・その1「ゲームハリウッド」

  9. 今週発売の新作ゲーム『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機』『聖剣伝説2 シークレット オブ マナ』他

  10. ゲーム開発チュートリアル特選、40種以上をまとめたページを紹介

アクセスランキングをもっと見る