人生にゲームをプラスするメディア

『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』や人気アニメのソーシャルゲームが好調・・・インデックス2013年第1Q決算は営業益60%増

ゲームビジネス その他

『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』パッケージ
  • 『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』パッケージ
インデックスは、2013年1月15日に発表した2013年第1四半期決算(2012年9月1日~11月30日)は、売上高28億9000万円(前年同期比29.2%減)、営業利益2億9100万円(同60.5%増)、経常利益2億4900万円(同27.7%減)、四半期純利益は1億8900万円となっています。

売上高の大幅な減少は、2012年12月に連結子会社であった携帯販売会社のシルバーアロー・モバイルの売却によるもの。売却益は2013年第2四半期決算で営業外収益として計上されます。営業益については販管費が2億円弱減少したことも寄与し、前年同期よりも60%もの増益を記録しています。

なおセグメント別ではコンシューマゲームやソーシャルゲームを手掛けるデジタルゲーム事業が好調でした。コンシューマ向けの新規タイトルは発売されなかったものの、ニンテンドー3DSソフト『デビルサマナー ソウルハッカーズ』、PS Vitaソフト『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』、PS3/Xbox360ソフト『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』、ニンテンドー3DSソフト『世界樹の迷宮IV 伝承の巨神』といった人気タイトルの追加注文が予想を、当初の予想を大きく上回る結果となりました。

一方ソーシャルゲームは人気アニメ「織田信奈の野望」『ペルソナ4」といった新規カードバトルゲームが好調に推移しただけでなく、前期から引き続き『GANTZX/XAOS』も好調でした。

この結果、デジタルゲーム事業単体では売上高が15億1900万円、営業利益は4億9100万円となりました。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

    【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

  3. アニメからも美闘士が参戦!ブラウザゲーム『クイーンズブレイド THE CONQUEST』を体験

    アニメからも美闘士が参戦!ブラウザゲーム『クイーンズブレイド THE CONQUEST』を体験

  4. 5pb.、Xbox 360『怒首領蜂 大往生』がソースコードを盗用し制作したものだったとして謝罪

  5. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  6. 小島秀夫氏がコナミ退社、新会社設立か―日経報道

  7. VR『サークル オブ セイバーズ』前衛・後衛に分かれる協力プレイ版を発表! E3にいち早く出展

  8. 『ブレイブウィッチーズ VR』がSteamで配信開始―「雁淵ひかり」を操作して大空を舞うシューティング

  9. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

  10. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

アクセスランキングをもっと見る