人生にゲームをプラスするメディア

『ピクミン3』はオリジナルへの原点回帰でより戦略要素の高いゲームに

海外のゲーム雑誌「GamesMaster」で、任天堂の宮本茂氏が『ピクミン3』について語っているインタビューが掲載されています。

任天堂 Wii U
海外のゲーム雑誌「GamesMaster」で、任天堂の宮本茂氏が『ピクミン3』について語っているインタビューが掲載されています。

プレイヤーにストレスをかけないように作られた『ピクミン2』はユーザーフレンドリーではあったものの、オリジナルの『ピクミン』を愛するプレイヤーにはある意味ヌルいゲームだったかもしれません。しかしシリーズ新作『ピクミン3』では、戦略要素の強いオリジナル『ピクミン』に近いゲームになると宮本氏は語っています。

『ピクミン』は決して簡単なゲームではなく、プレイヤーはプレイ中にストレスを感じることもありました。しかしそういったゲーム性こそが宮本氏が求めていたもので、故意にそのような要素を取り入れることにより、『ピクミン』は戦略ゲームになりえたと語っています。

『ピクミン2』の、「プレイヤーにストレスをかけない」というコンセプトについては、当時の宮本氏は完全に賛成だったわけではなかったようで、『ピクミン3』ではオリジナル『ピクミン』のようなゲーム性を目指すことになりました。

『ピクミン3』の開発がスタートしたとき、宮本氏はチームのメインメンバーであり、かつて『ピクミン2』に携わったスタッフを集め、『ピクミン』へと原点回帰することがいかに重要であるかを説明し、彼らが同意してくれるように説得したということです。



戦略ゲームとしての要素が強いという『ピクミン3』ですが、発売は2013年春と発表されています。『ピクミン2』からのユーザーからは賛否両論の意見も出てきそうですが、どんなゲームに仕上がっているのかが非常に楽しみなタイトルです。
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

    任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  2. スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』8月22日発売!「鬼ビ人(ジョブ)」を紹介した最新映像も

    スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』8月22日発売!「鬼ビ人(ジョブ)」を紹介した最新映像も

  3. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

    スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  4. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  5. 任天堂、「E3 2019」のライブ配信日程を公表―ニンテンドーダイレクトは6月12日午前1時より放送

  6. 『ポケモン ピカ・ブイ』は初代と比べてどのくらい進化した!?20年の歳月はここまで『ポケモン』をすごくした!

  7. 『ポケモン ピカ・ブイ』初代を遊んだおっさんが驚いた10のポイント!おしょうが仲間にならずサイクリングロードも廃止!?

  8. 【そそれぽ】第134回:まさかのフルボイス!アメリカンジョークまみれRPG『シチズンズ オブ アース』をプレイしたよ!

  9. ポケモンの新作スマホアプリ『ポケランド』発表、αテストも開催!開発は『ポケモンスクランブル』などのアンブレラ

  10. 任天堂のかわいいゲームキャラ10選!“かわいい”にもいろいろあるかも?

アクセスランキングをもっと見る

1