人生にゲームをプラスするメディア

IGNが選ぶ2012年のワーストボックスアート、日本からも選出される

その他 全般

007 Legends
  • 007 Legends
  • バイナリー ドメイン
  • FIFA 13 ワールドクラス サッカー
  • バットマン:アーカム・シティ(Game of the Year Edition)
  • Victoria II: A House Divided
  • Inversion
  • Steel Battalion: Heavy Armor
  • BIOHAZARD 6
IGNが2012年に発売されたゲームのワーストボックスアートを発表しました。残念ながら日本からもいくつかのタイトルが選出されています。

先日はIGNが選んだ2012年のベストボックスアートを紹介しました。今回はその逆のワーストということですが、確かに納得してしまうような作品もあれば、首をかしげる作品もちらほらあります。今回選出されたのは以下の作品です。

■2012年ワーストボックスアート
・『007 Legends』
・『バイナリー ドメイン』
・『FIFA 13 ワールドクラス サッカー』
・『バットマン:アーカム・シティ(Game of the Year Edition)』
・『Victoria II: A House Divided』
・『Inversion』
・『Steel Battalion: Heavy Armor』
・『BIOHAZARD 6』
・『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』

各作品にちょっと下品でユーモアに富んだコメントがついているので、興味のある人は確認してみてください。ちなみに、一番短いコメントは『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』の「JAPAN」でした。今年の流行語をもじれば「世界よ、これが日本だ」といったところでしょうか。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『アズレン』コラボする「ネプテューヌ」の姿を公開、『スプラトゥーン2』の人気ギアが食玩に、リズムゲーム『バンドリ!』の魅力を徹底紹介…など(1/23)

    【昨日のまとめ】『アズレン』コラボする「ネプテューヌ」の姿を公開、『スプラトゥーン2』の人気ギアが食玩に、リズムゲーム『バンドリ!』の魅力を徹底紹介…など(1/23)

  2. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  3. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

    サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  4. 【特集】ゲームタイトルを関西弁にしてみたら面白かった8選

  5. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case01「異常な博士の愛情」

  6. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case08「対立」

  7. 「EVO Japan」にてe-Sportsを語るトークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」を1月27日に開催

  8. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  9. アニメ「レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~」2018年4月放送開始!

アクセスランキングをもっと見る