人生にゲームをプラスするメディア

ユークス、THQへの売掛金を回収できない可能性・・・『WWE』シリーズは継続に向けて努力

ゲームビジネス その他

ユークスは、同社が開発する『WWE』シリーズのパブリッシャーであり16%の出資も受けている米国のTHQが19日に連邦破産法第11章の適用申請を行った件で、12億8900万円(1527万ドル)の売掛債権が取立不能もしくは遅延の恐れがあると明らかにしました。

THQは経営不振が続き、財務再建を図るため日本の民事再生に当たる連邦破産法第11章の適用申請を行い、業務を継続しながら再建を目指します。同社は傘下の開発スタジオを投資ファンドに売却するなど財務基盤の回復を図っています。

ユークスの平成24年1月期の連結業績は売上高48億1100万円、営業利益6億0300万円、経常利益1億9800万円、純利益4億1400万円。THQに対する売掛債権は第3四半期末(10月31日)の純資産に対する割合は約50%。同社では同債権に対して4億円の貸倒引当金を計上していますが、損失が拡大する可能性もあります。

またユークスではライセンサーのWWE社とは良好な関係を継続していて、今後のシリーズ継続に向けて協力関係を持続していくとの声明を出しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『マリオパーティ100 ミニゲームコレクション』『カイジ ~絶望の鉄骨渡り~ for Nintendo Switch』他

    今週発売の新作ゲーム『マリオパーティ100 ミニゲームコレクション』『カイジ ~絶望の鉄骨渡り~ for Nintendo Switch』他

  2. 【レポート】100センチの巨尻に会いに行く!グラドルVRビデオ「トキメキメテオ」、その見どころは?

    【レポート】100センチの巨尻に会いに行く!グラドルVRビデオ「トキメキメテオ」、その見どころは?

  3. 『シェンムー』聖地巡礼ガイドマップを制作した横須賀市にインタビュー! 担当者ふたりの情熱がファン垂涎のアイテムを作り上げた【特集】

    『シェンムー』聖地巡礼ガイドマップを制作した横須賀市にインタビュー! 担当者ふたりの情熱がファン垂涎のアイテムを作り上げた【特集】

  4. 【DEVELOPER'S TALK】音ゲー、コーデ、キラキラ感。3DSタイトル『プリティーリズム マイ☆デコレインボーウエディング』にみるミドルウェアで実現した女児向けゲーム開発のこだわりとは?

  5. 今週発売の新作ゲーム『Forza Motorsport 7』『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』他

  6. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  7. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  8. OPTPiXはこうして生まれた!ウェブテクノロジ設立物語(前編)・・・「OPTPiXを256倍使うための頁」第1回

  9. コナミ、『ウイイレ2017』マラドーナの「無断利用」申し立てにコメント

  10. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

アクセスランキングをもっと見る