人生にゲームをプラスするメディア

3回ドロボウに入られたという不運なドランクドラゴン鈴木に闘魂ビンタ!年の瀬PS祭りビックロイベントをレポート

その他 全般

最後はもちろん「1、2、3、ダァー!」
  • 最後はもちろん「1、2、3、ダァー!」
  • ドランクドラゴンの鈴木さんと塚地さん
  • ビンタの言葉に表情が曇る鈴木さん
  • 入場曲とともにアントニオ猪木さんが登場!
  • 「軽くじゃ、ご利益がないよ」と宣言する猪木さん
  • 鈴木さんの表情、本当にびびってます!
  • グッとチカラをこめてパチン!
  • 心なしか表情がスッキリしているような?
ソニー・コンピュータエンタテイメントジャパンは、新宿のビックロにて年の瀬PlayStation祭り「猪木のビンタもツイてるパック」発売記念イベントを開催しました。

SCEJといえばプロレスを起用した猟奇的なプロモーションで一同をビックリさせたのが記憶に新しく、PlayStation VitaのTVCMにはアントニオ猪木さんと坂口征二さん、PlayStation3には橋本真也さんと蝶野正洋さん、それぞれ実際の映像を元にTVCMが作成されました。

TVCM内で「今買わねーバカがいるかよ!!」とアナウンサーをビンタしていた猪木さんが、今度は『みんなのGOLF 6』がツイたスターターパック購入者を対象に、抽選で5名に向けて闘魂ビンタを放つことになりました。

イベントが始まり最初に登場したのは、今年ツキのなかった芸人!?な、ドランクドラゴンの塚地武雅さんと鈴木拓さん。話を聞くと、11年半続いたレビュラー番組が突然終わってしまったり、収入が半分になってしまったりとショックなご様子。さらに鈴木さんはTwitterが炎上してしまったりドロボウに3回も入られたりする始末・・・。

特にツキのなかった鈴木さん。「これはあの人にビンタをしてもらうしかない!」と周囲の会話が進んでいくなか、鈴木さんはビンタと聞いただけで表情が曇ります。「運が悪かったうえにビンタまで食らいたくない」とごねる鈴木さんでしたが、それを遮るように「炎のファイター ~INOKIBOM-BA-YE~」が鳴り響き、猪木さんが登場。

「元気ですかー!?」

どんよりした空気が一気にハツラツとした空気に。プロレスラーになるキッカケにも「ツイている」と言うほかない逸話持つ猪木さんですが、この闘魂ビンタもかつてビンタを受けた予備校生が全員東大合格するなど「ツキを呼び込む」という伝説があります。

おっかなびっくり眼鏡を外しスタンバイする鈴木さん。鈴木さんの胸に指をあてがった猪木さんは「来年はどんな夢が見れるかね、頭に絵をかいて・・・いくぞっ!」と言うと一瞬で腕を振り切り会場中にパチン!という音が響き渡りました。

「わぁー!!」という鈴木さんの叫び声と拍手が引いたあと、鈴木さんは「ちょっとオシッコ漏れたかな?」と苦笑。

そして次はいよいよ見事抽選を勝ち抜いた5名がビンタを受けることに。金運を上げたい、失恋したなどを猪木さんに告白し、闘魂ビンタを受けていました。色白の人はビンタ後、左頬が赤くなっていて痛そうです。最後に闘魂ビンタを受けたのは、なんと女性。ダイエットのために気合を入れてもらいました。

ここで猪木さんが「この中で一番運がいいと思う人手を挙げて!」と呼びかけると、突然のことでみんな固まってしまったものの手を挙げた男性が。「10万馬券を3本ぐらい当てた」と告白すると、「はいっ」と猪木さんからサプライズでサイン色紙が贈られました。運は一歩踏み出す勇気、そうなのかもしれません!

最後に来年の豊富について、猪木さんは「まずは大晦日恒例のNOKI BOM-BAYE 2012で元気に終わって、来年はまた世界中を飛び回りますんで。平和のメッセージを日本から送ろうということで来年も頑張ります」と語りました。鈴木さんは「猪木さんの逆で燃えない!絶対に炎上させない」と意気込み、塚地さんは「1人の仕事を増やしたい」といけずな発言をしていました。

最後はもちろん、「1、2、3、ダァー!」でイベントは大成功のもとに終了しました。
《きゃんこ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  2. アニメ「レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~」2018年4月放送開始!

    アニメ「レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~」2018年4月放送開始!

  3. 「EVO Japan」にてeスポーツを語るトークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」を1月27日に開催

    「EVO Japan」にてeスポーツを語るトークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」を1月27日に開催

  4. バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

  5. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  6. 【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

  7. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  8. どのシチュが好み?「#イーブイとデートなうに使っていいよ」が開催中―抽選50名にしっぽクッション、内1名はイーブイが直接手渡し!

  9. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る