人生にゲームをプラスするメディア

カードを育てて戦うタワーディフェンス『禁断召喚サモンマスター』・・・ブシロード「ブシモ」戦略発表会(4)

ブシロードがオープンしたスマートフォン向けゲームプラットフォーム「ブシモ」。初日には『恋愛リプレイ』『大疾走!ミルキィホームズターボ』の2タイトルがリリースされましたが、数多くのタイトルが開発中です。

モバイル・スマートフォン iPhone
えどさんが挑戦
  • えどさんが挑戦
  • 初体験ながら無事ステージをクリア
  • 続いて、ふみいちさんがトライ
  • メインキャラのシャル
  • メインキャラのリーネ
  • フェアリー
  • キービジュアル
  • ロゴ
ブシロードがオープンしたスマートフォン向けゲームプラットフォーム「ブシモ」。初日には『恋愛リプレイ』『大疾走!ミルキィホームズターボ』の2タイトルがリリースされましたが、数多くのタイトルが開発中です。

その中の一つ、年内配信を目指すという『禁断召喚サモンマスター』はタワーディフェンスのように、侵攻してくる敵に対してカードのキャラクターを配置していき戦うストラテジーゲーム。プレイヤーはカードの召喚士となって、最高位の称号"サモンマスター"を目指します。

発表会ではプロ実況プレイヤー「えどふみ」のえどさん"、ふみいちの両名が登場。「絶賛デバッグ中」(開発元インタラクティブブレインズの渡邊幸太郎プロデューサー)という作品をプレイ実況しました。

まずはスマートフォンを持っていないという"アナログ人間"のえどさんがプレイ。苦戦しながらも、ステージにカードを次々に配置。侵攻してくる敵をくい止めます。ステージはマス目状になっていて、そのマスに自分が持つ手札のカードを配置していきます。敵がやってきて自分のカードの場所までくると戦闘になります。

続いて、ふみいちさんもプレイ。今度はボスが登場する上級ステージに挑戦。しかしさすがはゲームを得意とするだけあって、近接攻撃、遠距離攻撃、回復などカードの特性を使い分けて見事にボスを撃退しました。デッキにどのような特性を持ったカードを配置していくかも頭の捻りどころになりそうです。

今回はバトルだけを見ていきましたが、カードの育成や合成や進化といった要素もあり、深い遊びが体験できそうです。

ちなみに主題歌は本作に登場するルル役の寺川愛美さんが歌う「Brave Master」。プロモーション展開としては12月発売の「ファミ通App」や「アプリスタイル」にアイテムコードが付属してくるとのこと。

配信開始は年内を予定しています。
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ウマ娘』タウラス杯における「参加リーグ」の違い!出走制限や報酬内容ひとまとめ―あえて「オープン」に挑むのもあり?

    『ウマ娘』タウラス杯における「参加リーグ」の違い!出走制限や報酬内容ひとまとめ―あえて「オープン」に挑むのもあり?

  2. 『ウマ娘』実競馬にも広がる復活アイテム「目覚まし時計」の使用―負けたら「ハッ!夢か…」で現実逃避

    『ウマ娘』実競馬にも広がる復活アイテム「目覚まし時計」の使用―負けたら「ハッ!夢か…」で現実逃避

  3. スマホを手に持つ時代は終わった!完全ハンズフリーを実現する「スマホ用アームバンドホルダー」発売

    スマホを手に持つ時代は終わった!完全ハンズフリーを実現する「スマホ用アームバンドホルダー」発売

  4. NHKプラス「第26回NHKマイルカップ」中継配信が『ウマ娘』のロゴをパロディーゆるっとした再現度がトレーナーの間で話題に

  5. 次世代リアルカードバトル 『魔法図書館キュラレ』プレイレポ!骨太なストーリーと軽快なゲームテンポが魅力

  6. 『ウマ娘』賢さ注力はNG!“チームレースで勝てる”サクラバクシンオーの育成論【もなよのウマ娘情報局】

  7. 『ウマ娘』育成ウマ娘「ハルウララ」にバランス調整―固有スキルのLvアップ条件が緩和!

  8. 『東方ダンマクカグラ』が「森近霖之助(CV:杉田智和)」を“ヒロイン”と紹介し謝罪―声優も相まって「間違ってない」「むしろヒロインにしよう」と

  9. 「セイウンスカイ」と「ニシノフラワー」の馬主・西山茂行氏が『ウマ娘』二次創作に指摘…一時は全面禁止になるも、改めて「全年齢対象ならどうぞ、R指定はダメ」

  10. 『ウマ娘』新レース「チャンピオンズミーティング タウラス杯」5月14日開催!“プレイヤー同士が競う”新形式のイベント

アクセスランキングをもっと見る