人生にゲームをプラスするメディア

【IEMシンガポール体験】機材提供やプロゲーマーのサポートでeスポーツ大会を後押しするBenQ

その他 全般

【IEMシンガポール体験】機材提供やプロゲーマーのサポートでeスポーツ大会を後押しするBenQ
  • 【IEMシンガポール体験】機材提供やプロゲーマーのサポートでeスポーツ大会を後押しするBenQ
  • BenQ Japan代表執行役社長Martin Moelle氏(左)BenQ Asia Pacificディレクターで進行役を務めたSunny Chang氏(右)
  • BenQ HQの製品開発部門担当Scread Liao氏
  • Grubby & deathdoG
  • 【IEMシンガポール体験】機材提供やプロゲーマーのサポートでeスポーツ大会を後押しするBenQ
  • 【IEMシンガポール体験】機材提供やプロゲーマーのサポートでeスポーツ大会を後押しするBenQ
  • 【IEMシンガポール体験】機材提供やプロゲーマーのサポートでeスポーツ大会を後押しするBenQ
  • 【IEMシンガポール体験】機材提供やプロゲーマーのサポートでeスポーツ大会を後押しするBenQ
台湾の電子機器メーカーBenQは、本イベントIEMシンガポールにおいて、大会用のゲーミングモニター提供という形で公式スポンサーを担当。同社はgamescomや東京ゲームショウのeスポーツ大会でも同様にモニタースポンサーを務めていた他、人気プロゲーマーやチームへのスポンサーシップ、サポートにも相当な力を注いでいます。

IEMシンガポールの開催に合わせて、アジア及び東南アジアのメディア向けにミーティングの場が設けられ、iNSIDEでも過去に詳細なレビューを掲載した、BenQのゲーミング液晶ディスプレイ最新モデルである「XL2420T」「RL2450H」を軸に、マーケティング担当者、製品部門担当者、そして直接プロゲーマーらがプレゼンを行い、eスポーツやゲーミング分野への関わり、そしてこれまでの取り組みが語られました。

プレゼンの冒頭では、社名の由来である「楽しみ(Enjoyment)」の重要性やイベントの趣旨を伝えたBenQ SingaporeのマネージングディレクターKim Huat Lee氏に続いて、BenQ Japanの代表執行役社長Martin Moelle氏からも日本語であいさつがあり、今回のイベントを大いに盛り上げたい、ゆくゆくは日本のPCゲーム市場も更に盛り上げていきたいという考えが述べられました。

BenQのディスプレイ製品開発でスペシャリストを務めるScread Liao氏によると、「XL2420T」の最大の特徴の一つと言える120Hz表示への対応をはじめ、両機種に備わる、暗いゲーム画面で視認性を高めるBlack eQualizer(Be)、を念頭に置いた環境設定、ディスプレイの向きを自在に調整可能なスタンドなどは、すべて世界的なトップゲーマーからのフィードバックを積極的に取り入れて実現した機能とのこと。

プレゼンには『StarCraft II』の人気プレイヤーでBenQがスポンサーする“Grubby"ことManuel Schenkhuizen氏、そして『Counter-Strike』『Battlefield 3』のFPSプロゲーマーJosh “deathdoG” Edwards氏が参加し、世界的なプロの視点で、BenQのゲーミングモニタへの支持と大会での実用性が説明されました。

Schenkhuizen氏は、自分の身長が高いことから、かつて試合中にモニターの位置が視点と合わずに困ったことがあったそうですが、高さが調整できるBenQのゲーミングモニタではそうした心配もないとのこと。また、開催される大会ごとにゲーム画面の明るさやグラフィック設定が異なるという問題もあり、モニタ上で即座に調整を行える「XL2420T」や「RL2450H」のプリセット機能は欠かせない存在ということでした。

BenQの製品は、Asia e-Sports Cup、World Championship Series、Major League Gamingといった世界各国で催されるeスポーツ大会でトーナメント公式モニタに選ばれている他、アジアや欧州の大手ゲーミングカフェへのゲーマーのトレーニング機材として提供。そして最近同社がことのほか注力しているのが、プロゲーマーの支援やスポンサーシップ。前述のGrubbyやロシアの『League of Legends』強豪チームMoscow 5にはじまり、今回のメディアミーティングでは、新たにsLivkoをはじめIEMシンガポール大会にエントリーしている3選手のスポンサーが発表、有力プレイヤーと次々と契約を交わしています。

「XL2420T」や「RL2450H」は、こうした世界のeスポーツシーンで広く使われるプロ使用のディスプレイでありながら、日本でも比較的低価格で手に入るため、なぜ性能と低価格が両立できるかを、BenQ Japanの液晶ディスプレイプロダクトマネージャーを務める洞口寛に聞いたところ、「この価格帯が市場のニーズであると考えて」と単刀直入な返答が。両製品は完全なコアゲーマー向けであることから、そのターゲットユーザー層を念頭に入れた上での価格ということでした。

このプレゼンテーション後には製品展示会も同時に行われ、もう1つの主力商品であるプロジェクターの新機種「GP10」「W1070」「W1080ST」の3台が、PS3/Wii/Xbox 360 Kinectをゲームを使って展示。日本での具体的なな発売時期はまだ決まっていないということでしたが、一般公開は初とのことでメディアの注目を集めていたようです。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】「エクスカリバーしゃもじ」が大人気!コラボの経緯も明らかになった劇場版「Fate/stay night [Heven’s Feel]」×カプコンカフェレポート

    【特集】「エクスカリバーしゃもじ」が大人気!コラボの経緯も明らかになった劇場版「Fate/stay night [Heven’s Feel]」×カプコンカフェレポート

  2. 【昨日のまとめ】『FGO』サンタジャンヌの正式名称わかる?、マクドナルドのハッピーセットに「人生ゲーム」等が登場、ベルギーが『STAR WARS バトルフロント II』の調査を開始…など(11/17)

    【昨日のまとめ】『FGO』サンタジャンヌの正式名称わかる?、マクドナルドのハッピーセットに「人生ゲーム」等が登場、ベルギーが『STAR WARS バトルフロント II』の調査を開始…など(11/17)

  3. GOTYは『ゼルダの伝説 BotW』に決定!「2017 Golden Joystick Awards」受賞作品リスト

    GOTYは『ゼルダの伝説 BotW』に決定!「2017 Golden Joystick Awards」受賞作品リスト

  4. 防寒性と着心地を追求した本格冬場仕様「ガルパンツァーブルゾン」新たにBC自由学園を加え発売決定

  5. マクドナルドのハッピーセットに「人生ゲーム」等が登場!―タカラトミー公式「よくできてる…楽しいじゃんか」

  6. 「エヴァ」初号機や使徒が“骨”に! ポージングも自在な「ほねほねゲリオン」

  7. 【レポート】「日本におけるeスポーツの夜明け」を目指して─AMDが「闘会議」に賞金1,000万円を拠出すると発表

  8. 『グラブル』の「ヴィーラ」をイメージした本格ウォレット発売―お値段35000円

  9. 【特集】ゲームが100倍楽しくなる「フレンド育成マニュアル」

  10. 【特集】『ポチャカワ女子ゲームキャラ』10選

アクセスランキングをもっと見る