人生にゲームをプラスするメディア

声優陣がフルボッコに?『コール オブ デューティ ブラックオプスII』のゾンビモードとマルチプレイモードの魅力をたっぷりお届け ― 発売直前パーティーレポート(3)

ソニー PS3

キャストの皆さん
  • キャストの皆さん
  • ゾンビモードのトレーラー
  • ゾンビモードのトレーラー
  • 最初に登壇したのは高橋研二さん(ラスマン役)
  • 唯一の女性キャラを演じた植田佳奈さん(クロエ・リンチ、ミスティ役)
  • 続いて登場したのは、岡林史泰さん(ファリド、マールトン役)
  • 最後にはキャンペーンモードに引き続き白熊寛嗣さん(ストュリンガー)
  • キャストの皆さん
11月19日にスクウェア・エニックスが開催した「コール オブ デューティ ブラックオプスII発売直前パーティー」レポート第3弾では、プロデューサーが語る「ゾンビモード」の魅力や声優陣のプレイの模様をお伝えします。

レポート2弾ではキャンペーンモードの吹き替えを担当した声優陣のトークの模様をお伝えしましたが、第3弾となる今回の記事では、まず再度登壇したトレイアークのパット・ドゥワイヤーシニアプロデューサーが語ったゾンビモードの魅力についてご紹介します。

「前作よりさらにボリュームが増えた」というゾンビモード。キャンペーンモードとはうってかわって、多数のゾンビが押し寄せてくるモードで、前作同様に生き延びることを目的とした、「サバイバル」そして、今作から追加される「グリーフ」に加え、ストーリー要素とオープンワールドの要素も付加し、「プレイヤー自身がマップを移動しながら、アイテムを組み立てたりしてゾンビと戦っていく」という「トランジット」の紹介もありました。会場のムービーではバスに乗って新たなマップへと進んでいく様子も公開されました。

ここで、トランジットに登場するキャラクターの吹き替えを担当した、 ラスマン役の高橋研二さん、クロエ・リンチ、ミスティ役の植田佳奈さん、そしてファリド、マールトン役の岡林史泰さんが登壇、ストュリンガー役の白熊寛嗣さんはキャンペーンモードに引き続き登場となりました。

岡林さんはアフレコの印象を尋ねられると、開口一番「いやぁカオスでしたね(笑)」と一言。海外版の声優さんが、決められたセリフの分量をはるかに上回る量を喋っており、アドリブの連発となったということで、そこにも注目してほしいとのことでした。白熊さんはキャンペーンモードのラウル・メネンデスとは正反対の役を演じ、「超気持ち良かった」ということ。また、ストュリンガーの「ほじくられる」というセリフがいたく気に入ったということで「流行らせていきたい」と意気込み(?)を語りました。

ゾンビモード唯一の女性キャラを演じた植田さんは、「アドリブが多いんですよ。ゲップとかもありました」と驚きの発言。ちなみにゲップは他の方も収録されたそうです。高橋さん演じるラスマンは「豪放磊落な老人で、収録中は常に声を張らなくてはならず、大変でした」と、皆さんそれぞれ苦労もあったとのこと。

声優陣の挨拶が終わると、早速今回から新たに導入された「トランジット」を声優陣がプレイし会場は盛り上がりました。実際にバスに乗って移動する場面や、アイテムを組み立てるシーンなども見ることができました。

引き続き、こちらも大注目の「マルチプレイヤーモード」について、再びパット氏から解説がありました。キャンペーンやゾンビ同様、「大幅に新要素を加えた」とのこと。10のキャパシティから武器やスキルを好みの通りに組み合わせられる「PICK 10」という新システム、マルチに馴染みのないプレイヤーなどが練習するための新モード「コンバットトレーニング」が紹介されました。こちらはBOTだけでなく、他のプレイヤーとも遊ぶことができます。「みんなで楽しくプレイできるので、マルチプレイヤーモードが怖いという方にも導入にオススメの良いモードだと思います」ということです。こちらでも経験値が稼げるので、初心者には心強いモードになっています。

ここで実際にパット氏+声優陣の5名と来場したスクウェア・エニックスメンバーズの中から選ばれた5名がマルチプレイヤーモードの「ハードポイント」で対決。このゲームでは、占拠すべきポイントが一定時間ごとに変わるので、一つの場所に止まらずに新たな場所へ移動しながら戦闘を繰り広げていきます。選ばれた皆さんは、声優陣が設定に時間をかけるのを尻目に、司会の森一丁さん曰く「まるで自宅にいるかのように」設定を進めていました。

さすがに、いち早く本作をプレイしたいという本作になみなみならぬ熱を持つみなさんはさすがに強かったようで、普段もマルチをプレイしているという声優陣の皆さんは歯が立ちませんでした。

マルチプレイの後は、キャンペーンや特典、PS Vitaソフト『コール オブ デューティ ブラックオプス ディクラシファイド』の情報などが公開されました。また、パット氏の流暢な日本語でのメッセージや、スクウェア・エニックス和田社長が「公認フラゲ」と命名した、来場者プレゼントが配布されました。そちらの情報は後ほどの記事でまとめてお伝えします。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS4版『ボーダーブレイク』武器や機体パーツの入手方法は? マッチング分けは? 気になる質問に開発陣が返答【セガフェス2018】

    PS4版『ボーダーブレイク』武器や機体パーツの入手方法は? マッチング分けは? 気になる質問に開発陣が返答【セガフェス2018】

  2. 『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

    『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

  3. 全世界5万台限定「PlayStation 4 Pro 500 Million Limited Edition」予約がAmazonでスタート【UPDATE】

    全世界5万台限定「PlayStation 4 Pro 500 Million Limited Edition」予約がAmazonでスタート【UPDATE】

  4. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

  5. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  6. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  7. 【総力特集】最新作発売間近!『バイオハザード』シリーズ20年の軌跡を振り返る

  8. 『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!来週開催のマム・タロトでは新鑑定武器も登場

  9. 「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】

  10. 【特集】今さらはじめる『バトルフィールド4』―FPS超初心者に基本を解説!

アクセスランキングをもっと見る