人生にゲームをプラスするメディア

【G-STAR 2012】日本では見られない?マリオが登場した任天堂ブースは大盛況

韓国・釜山のBEXCOで11月8日~11月11日まで開催されたG-STAR2012。家庭用ゲームでは唯一韓国任天堂が出展していました。ブースのそばには身長180センチメートルを超す巨大なマリオの着ぐるみも登場し、会場を賑わわせました。

その他 全般
マリオ登場!
  • マリオ登場!
  • 必死に呼んでいます
  • ルイージは残念ながらいなかった
  • ブース全景
  • お馴染みの任天堂ロゴ(出展自体は韓国任天堂)
  • 3DSがメインで、他のハードはなし
  • お姉さんに無理矢理持ってもらいました
  • 韓国語バージョンはこんな感じ
韓国・釜山のBEXCOで11月8日~11月11日まで開催されたG-STAR2012。家庭用ゲームでは唯一韓国任天堂が出展していました。ブースのそばには身長180センチメートルを超す巨大なマリオの着ぐるみも登場し、会場を賑わわせました。

韓国の大手オンラインゲーム会社にも負けない、広いスペース展示されていたのは『New スーパーマリオブラザーズ2』『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』『マリオカート7』といった任天堂の人気タイトルの数々でした。実際に筆者も遊んでみましたが、本体はもちろん、ソフトも全てハングルにローカライズされていました。

会場には着ぐるみを着たマリオも登場しましたが、登場時にはあまり人も寄らず、マリオの周囲にはスペースができてしまう悲しい状態に。ところが、写真撮影などが進むに連れて徐々に人だかりができ、最終的には多くの人が記念撮影をしていました。ちなみに、このマリオ、筆者の身長178センチメートルを大きく上回る背の高さでしたので、ものすごい威圧感でした。

他のオンラインゲームやモバイルゲームのブースに比べると、少し人は少なかった印象もあります。しかし、東京ゲームショウでもお馴染みのスタンプラリーや、来場者が参加できるイベントなどが催され、終始賑わいを見せていました。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『バイオハザード RE:2』ステージレポ─手に汗握る実機プレイに会場の視線も釘付け【TGS2018】

    『バイオハザード RE:2』ステージレポ─手に汗握る実機プレイに会場の視線も釘付け【TGS2018】

  2. 『ファイナルファンタジー』などの音楽を手がけた植松伸夫氏が療養のため一時活動休止へ

    『ファイナルファンタジー』などの音楽を手がけた植松伸夫氏が療養のため一時活動休止へ

  3. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  4. 『メガドライブ ミニ(仮)』の発売が2019年へ延期―海外ファンからの反響を受けてモデルチェンジを実施

  5. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  6. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  7. プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」海外で予約開始!

アクセスランキングをもっと見る