人生にゲームをプラスするメディア

【Nintendo Direct】「Miiわらわら」の正式名称は「わらわら広場」に決定、Wii Uを起動するとまずこの画面に

任天堂は、「Wii U 本体機能 Direct」で「わらわら広場」の詳細を発表しました。

任天堂 Wii U
わらわら広場
  • わらわら広場
  • わらわら広場
  • Wii U メニュー画面
  • 手元の画面にもわらわら
任天堂は、「Wii U 本体機能 Direct」で「わらわら広場」の詳細を発表しました。

「わらわら広場」は、E3の発表の段階で「Miiわらわら」と呼ばれていた機能の正式名称です。なお、海外でも「Wara Wara Plaza」と呼ばれ「わらわら」という言葉は継承されるということです。

Direct冒頭の映像でこの「わらわら広場」の映像が流され、これはWii Uの電源を入れたときテレビ画面に最初に表示される画面とのことです。

今回表示されているのは任天堂のスタッフが作ったMiiやコメント、イラストということですが、本体発売後この画面に届くのはすべてWii Uプレイヤーによるものになります。ここに表示されるコメントは「Miiverse」に書き込まれたコメントから選ばれたものになり、電源をいれるたびに他のプレイヤーがどの様なソフトでどの様な話題で盛り上がっているのかが特別なソフトを持ちいらず自然に分かる仕組みになっているとのことです。

テレビ画面に「わらわら広場」が映っているときは、Wii U Gamepadの画面にメニュー画面が表示されていますが、これらの画面はボタンひとつで手元の画面とテレビ画面を入れ替えることが可能になっています。

「わらわら広場」のMiiやソフトのアイコンをタッチすればその詳細がすぐに分かる仕組みになっているので誰がどんなソフトを話題にしているのか、またそれで興味を持ったソフトがどんなものなのかすぐにわかるようになっています。

(C) 2012 Nintendo
《ひびき》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. M2ショットトリガー『エスプレイド』対応機種がPS4とスイッチに決定!─秋葉原では移植版のフィールドテストを実施中

    M2ショットトリガー『エスプレイド』対応機種がPS4とスイッチに決定!─秋葉原では移植版のフィールドテストを実施中

  2. 映画『名探偵ピカチュウ』ポケモンファンが喜ぶ12のポイント

    映画『名探偵ピカチュウ』ポケモンファンが喜ぶ12のポイント

  3. レトロゲームショップ「BEEP」がゲームパブリッシング事業に進出─第1弾は往年の魔女っ子シューティングを再構築『コットンリブート』(仮題)

    レトロゲームショップ「BEEP」がゲームパブリッシング事業に進出─第1弾は往年の魔女っ子シューティングを再構築『コットンリブート』(仮題)

  4. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  5. 映画『名探偵ピカチュウ』注目脇役ポケモン12選 ちょい役でも存在感がバツグンのポケモンたちを紹介!

  6. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  7. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

  8. 『チームソニックレーシング』のキモは“協力”にあり―チームを組んで勝利を目指す、斬新なレースゲーム【プレイレポ】

  9. 「最新作『ポケモン ソード・シールド』に期待することは?」結果発表―約740件に及ぶ様々な意見が集まる!【アンケート】

  10. 『ポケモン ピカ・ブイ』初代を遊んだおっさんが驚いた10のポイント!おしょうが仲間にならずサイクリングロードも廃止!?

アクセスランキングをもっと見る

1