人生にゲームをプラスするメディア

実写劇場版や宝塚歌劇団による初ミュージカルも決定!『戦国BASARA』プロジェクト発表会

カプコンは、『戦国BASARA』プロジェクト発表会と舞台「戦国BASARA3 -瀬戸内響嵐-」ゲネプロ公演を、舞台の東京会場となる東京ドームシティホールでおこないました。

その他 全般
舞台「戦国BASARA3 -瀬戸内響嵐-」出演者
  • 舞台「戦国BASARA3 -瀬戸内響嵐-」出演者
  • 『戦国BASARA』プロジェクト発表会
  • 『戦国BASARA』シリーズ・小林裕幸プロデューサー
  • 再編集した実写ドラマ劇場版が公開
  • Blu-ray BOX・DVD-BOXも2月2日に発売
  • 最新情報をチェックできる「戦国BASARAマガジン」
  • 『戦国BASARA3』小説二期が4冊リリース
  • 「バサラ祭り2013 春の陣」開催決定!
カプコンは、『戦国BASARA』プロジェクト発表会と舞台「戦国BASARA3 -瀬戸内響嵐-」ゲネプロ公演を、舞台の東京会場となる東京ドームシティホールでおこないました。

■実写ドラマの劇場公開やBlu-ray BOX・DVD-BOX化が決定!
まずは『戦国BASARA』シリーズ・小林裕幸プロデューサーより、2012年7月よりMBSほかで放送した 実写ドラマの劇場版「戦国BASARA -MOONLIGHT PARTY- Remix」について告知がおこなわれました。未放送分もくわえて新たに前篇・後篇の2作品として再編集しており、すでにドラマを楽しんだファンも、見ることができなかった方も楽しめる内容に。東京は11月24日よりシネ・リーブル池袋、大阪は12月15日よりテアトル梅田にて公開予定です。

また、Blu-ray BOX・DVD-BOXも2月2日に発売決定しました。本編映像はもちろん、メイキングや追加CG、テレビ未放映の10話などの特典映像が満載。初回封入特典も用意されており、価格はBlu-ray BOXが1万5750円、DVD-BOXが1万3650円となっています。

■2013年春より『戦国BASARA3』小説第二期や戦国BASARAマガジン刊行
小説レーベル「講談社BOX」の実力作家により、新たな解釈で描かれる『戦国BASARA3』の小説二期刊行が決定。全4冊を予定しており、第1弾は長曾我部元親、第2弾は毛利元就が主人公となります。気になる第3弾・第4弾の主人公は、後日発表とのこと。誰が登場するのか期待が高まりますね。

このほか『戦国BASARA』シリーズの最新情報や1人の武将にスポットをあてた特集、コミックやイラストなどを集めた「戦国BASARAマガジン」も新たに発売。CDやストラップなど、ファンなら絶対手に入れたいアイテムも付録として用意されます。小説、およびマガジンは2013年春に発行予定です。

■バサラ祭2013 ~春の陣~」開催決定!
大熱狂のうちに終了した「バサラ祭2012 ~夏の陣~」より約半年、2013年の春に「バサラ祭り2013 ~春の陣~」が開催決定しました。すでに『戦国BASARA』シリーズの人気声優陣より、前田慶次役の森田成一さん、真田幸村役の保志総一朗さん、豊臣秀吉役の置鮎龍太郎さん、長曾我部元親役の石野竜三さんの出演も発表。

開催日程は2013年3月30日・31日で、開催場所は東京・両国国技館。チケット価格は6800円で、11月23日よりオフィシャルファンクラブ向けの先行発売がスタートします。一般先行は一般先行は12月7日~12月16日まで、一般発売は2013年1月12日を予定。なお、時間やイベント内容、その他の出演者は随時発表となります。

■初のミュージカル化!『戦国BASARA』×宝塚歌劇団
これまで舞台やテレビドラマと、実写も高い人気を集めている『戦国BASARA』シリーズが、初のミュージカルとして登場。主演は、宝塚歌劇団・花組トップスターの蘭寿とむさん、花組トップ娘役の蘭乃はなさんです。戦国武将の生き様はもちろん、宝塚歌劇といえばロマンも見所の1つ。美しさ、華やかな魅力にあふれた作品となりそうですね。

公演場所は渋谷ヒカリエ・東急シアターオーブで、本会場初の宝塚歌劇公演となります。公演日程は2013年6月15日から7月1日で、チケットの一般発売は2013年4月21日を予定。脚本・演出は『逆転裁判』シリーズでの宝塚公演を手がけた鈴木圭氏となっています。

■舞台「戦国BASARA3 -瀬戸内響嵐-」のキャストも登場
構成・演出・振付の西田大輔氏や総勢15名となる出演者も登場し、11月2日に初日を迎える舞台への意気込みを語りました。舞台「戦国BASARA3」より登場キャラクターも増え、会場規模もこれまでで最も大きなもの。今回が初出演となる長曾我部元親役の浜尾京介さんは「舞台ならではのオリジナル展開をはじめ、笑いや涙もたくさん取り入れられています。精一杯演じていきますので、よろしくお願いします」と力強くコメント。2度目となる毛利元就役の小谷嘉一さんは「またこの作品に戻ってこれたことを嬉しく思います。怪我などないよう、出演者一同でがんばります」と笑顔をみせました。

西田氏は「5回目となる舞台は、前回からわずか4ヶ月しか経ってない中での新作公演です。今回は瀬戸内にスポットをあて、15人のメンバーによって新しい要素がたくさん入った最高のものに仕上がりました。新しい『戦国BASARA』シリーズの世界観を楽しんでください」と語ります。

チケットはほぼ完売となっていますが、東京会場では追加席などが若干残っているようです。また、全国17会場で大阪千秋楽の公演をライブビューイングにて上映。惜しくもチケットが取れなかった方は、ぜひこちらに参加してみてください。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【コスプレ】ああ…なんて甘美な!『アズレン』中国公式レイヤー・natsume“劇場”の幕開けだ【写真20枚】

    【コスプレ】ああ…なんて甘美な!『アズレン』中国公式レイヤー・natsume“劇場”の幕開けだ【写真20枚】

  2. 「星のカービィ」がiPhone純正ケーブル用アクセサリーに!断線予防にもなる優れもの

  3. 『ペルソナ5』新展開『P5S』公式サイトオープン! 次こそスイッチ版になるのか?

  4. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  5. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

アクセスランキングをもっと見る

1