人生にゲームをプラスするメディア

日本一ソフトウェア、大阪にスタジオを設立・・・人材獲得も多様化

ゲームビジネス その他

新しいロゴ
  • 新しいロゴ
日本一ソフトウェアは、1日付で大阪開発室を設立しました。

同社では本社のある岐阜県に開発拠点を設けていましたが、大阪開発室を設けることで、中途採用を含めて幅広い人材確保を目指すとしています。また、プロジェクトに関しては本社スタジオとの共同開発のみでなく、大阪開発室単体でのプロジェクトの立ち上げも検討しているとのこと。

日本一ソフトウェアは今年7月12日に設立20周年を迎え、新たな成長戦略として「魔界戦記ディスガイア」に並ぶコンテンツの創出を目指します。ソーシャルゲーム向けにはディオンエンターテインメントを新設。大阪開発室も新規コンテンツに向けた開発力強化の一環と考えられます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

    メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

  2. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  3. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  4. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  5. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  6. トミー、「ポケモン」ぬいぐるみに針混入、検針検査を実施へ

  7. セガが中国テンセントと協業しPC向けプラットフォーム「WeGame」へ進出―第1弾は『戦場のヴァルキュリア』

  8. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  9. フランス取材で見た社会的活用が進むシリアスゲーム

  10. 【CEDEC 2012】「Too Japanese」な日本ゲームは海外で評価されないのか ― 『GRAVITY DAZE』ヒットの理由

アクセスランキングをもっと見る