人生にゲームをプラスするメディア

グリーとDeNA株が急落するも、ゲーム開発会社の株価が軒並み上昇した理由・・・朝刊チェック(9/28)

本日の朝刊チェックです。

その他 全般
本日の朝刊チェックです。

■日本経済新聞15面「グリーとDeNA株が下落 ドコモとの競争激化の思惑」
27日東京株式市場で、ソーシャルゲーム大手のグリーとDeNAの株価が急落しました。NTTドコモのソーシャルゲーム事業参入が伝わり、ゲーム開発会社が支払う手数料の引き下げ競争が始まるとの見方が広まりました。ドコモは売り上げの2割を手数料として受け取る見通しです。コンプガチャ問題にメドがついたところに、新たな不安材料がでた形で、業績先行きへの懸念が強まりました。一方、バンナムHDやカプコン、KLabなどの開発会社は、手数料引き下げの見込みがあり、軒並み株価は上昇しました。ドコモは小幅高で終えましたが、今後は魅力的な商品を揃え、顧客を集められるかが焦点になりそうです。

■日本経済新聞1面「オリンパスと新型内視鏡 ソニー主導で新会社」
ソニーとオリンパスは本日28日に取締役会を開き、資本業務提携することを決めます。これにより、ソニーは出資比率約11%の筆頭株主となります。ソニー主導で新型内視鏡開発をする新会社を共同設立し、成長産業である医療機器事業に始めて乗り出すことになります。ソニーは2012年3月期まで8期連続でテレビ事業が営業赤字を計上するなど、主力のエレクトロニクス低迷が続いています。内視鏡世界シェア7割を誇り、世界的に競争力のあるオリンパスと組むことで収益の柱に育てます。一方オリンパスも2期連続で赤字となっているデジタルカメラ事業で、物流の共通化や新製品の共同開発などで採算改善を検討しています。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『メタルギアソリッド』がボードゲーム化!E3 2019でプレイお披露目予定

  2. 『スマブラSP』や『ポケモン ピカ・ブイ』にも使える! ペイパルの“500円クーポン”でDLソフトをお得にゲット

  3. 海外スタントマンが『スマブラSP』キレキレのアクションで大乱闘を再現!

  4. 「ひなビタ♪」ライブで輝く彼女たちを支えたLive2Dはいかにして作られたか―alive2018セッションレポート

アクセスランキングをもっと見る