人生にゲームをプラスするメディア

『キングダムズ オブ アマラー:レコニング』魅力あるキャラクターたち

スパイク・チュンソフトは、PS3/Xbox360ソフト『キングダムズ オブ アマラー:レコニング』のストーリーとキャラクターに関する情報を公開しました。

ソニー PS3
『キングダムズ オブ アマラー:レコニング』魅力あるキャラクターたち
  • 『キングダムズ オブ アマラー:レコニング』魅力あるキャラクターたち
  • 『キングダムズ オブ アマラー:レコニング』魅力あるキャラクターたち
  • 『キングダムズ オブ アマラー:レコニング』魅力あるキャラクターたち
  • 『キングダムズ オブ アマラー:レコニング』魅力あるキャラクターたち
  • 『キングダムズ オブ アマラー:レコニング』魅力あるキャラクターたち
  • 『キングダムズ オブ アマラー:レコニング』魅力あるキャラクターたち
  • 『キングダムズ オブ アマラー:レコニング』魅力あるキャラクターたち
  • 『キングダムズ オブ アマラー:レコニング』魅力あるキャラクターたち
スパイク・チュンソフトは、PS3/Xbox360ソフト『キングダムズ オブ アマラー:レコニング』のストーリーとキャラクターに関する情報を公開しました。

同作に登場するガドフローはウィンター・フェイの一人で、自身の主君であるウィンター・フェイの至高王マトンを殺め、アマラーの若き種族たちに宣戦布告をした張本人です。彼がどうしてそのような狂気に至ったかは定かでありませんが、一説によると彼は邪神にその魂を穢されてしまったのだといいます。

ガドフローは自らの手となり足となる軍勢として「ツアサ・デノーン」を組織。プリスミアのクリスタルでできた漆黒の鎧に身を包む。彼らは、フェイであるがゆえに寿命を持たず、不死の軍隊としてアルファーや人間の戦士たちに恐れられています。ツアサは東方の地であるアラバストラとクルリコンを掌握し、海峡を渡って西方にも勢力を拡大しています。そして主人公「運命なき者」が蘇るフェイランド西端のアリスターの塔にまで、その魔の手はせまりつつあります。

ノームの学者であるヒュモラス・ヒューズは、ノームの首都アデッサから遠く離れたアリスターの塔で、「魂の泉」を使った死者の蘇生実験を行っていました。彼はもともとアデッサの研究者でしたが、死者の蘇生が倫理的な問題を多く抱えているとし、アデッサの研究所を追放されてしまったのです。

魂の泉を使った蘇生実験にはまだ課題も多く、今のところ満足できる形で蘇生が成功した例はありません。アリスターの塔には毎日のように種族を問わずさまざまな死体が運ばれてきますが、その中の一つだった「運命なき者」の肉体が、幸か不幸かその初めての成功例となります。しかしヒューズはその成功を喜ぶ猶予も与えられず、アリスターの塔はツアサ・デノーンに襲撃されることとなるのです。

「フェイトウィーバー」とは、アマラーの世界で人々の運命を読み解き、いつどういった出来事が起こり、いつ人々に死が訪れるかを予見する力を持つ人のことです。アマラーの人々には必ず定められた運命があると言われ、ゆえにフェイトウィーバーは単なる占い師ではなく、的確に運命を読み取ることができます。しかしどれだけ先の未来を見通せるかは個々の能力次第で、多くのフェイトウィーバーが一日先の運命程度しか読み解くことはできません。

ブラニ人であるアガースもフェイトウィーバーの一人だ。アガースはかつて「不屈のアガース」と呼ばれ、数々の戦地でその剣を振るった英雄でした。しかし運命そのものと向き合い、運命を支配するためフェイトウィーバーとなったのです。「運命なき者」と出会った彼はその運命を読み解こうとしますが、闇に包まれた「運命なき者」の未来に驚嘆することとなります。

ドカルファー族の密偵エリン・シアーは多くの謎に包まれた女性です。彼女はアリスターの塔を出た「運命なき者」の前に突然現れ、その後「運命なき者」の歩む道を導いていく存在となります。彼女は「運命なき者」のことを昔から知っているようですが・・・。彼女の存在が、自らの過去を取り戻す鍵となるかもしれません。

それぞれ、奥深い背景のあるキャラクターとなっているようです。

『キングダムズ オブ アマラー:レコニング』は、9月20日発売予定で価格は8,190円(税込)です。

The trademarks used herein are owned by their respective owners. (C) 2012 38 Studios, LLC or its affiliates. 38 Studios, Big Huge Games, Kingdoms of Amalur: Reckoning and associated logos are trademarks of 38 Studios, LLC and Big Huge Games. EA and the EA logo are trademarks of Electronic Arts Inc.
《D》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. ヴァニラウェア最新作『十三機兵防衛圏』発売時期が未定に、PS Vita版は開発中止

    ヴァニラウェア最新作『十三機兵防衛圏』発売時期が未定に、PS Vita版は開発中止

  2. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  3. 『ケツイDeathtiny』発売記念「M2 Shot Triggers 弩感謝祭」を11月18日開催!『ダライアス コズミックコレクション』の出展も

    『ケツイDeathtiny』発売記念「M2 Shot Triggers 弩感謝祭」を11月18日開催!『ダライアス コズミックコレクション』の出展も

  4. PS4/PS Vita『十三機兵防衛圏』2018年リリース! 多彩なシーンを納めた最新映像も公開

  5. PS4版『CARAVAN STORIES』の情報を解禁─★5装備が必ず1つ出現する属性別ガチャを2週に分けて開催!

  6. 【吉田輝和のVR絵日記】フロム新作は時間停止系ADV?『Deracine』謎解きスルーでセクハラするおじさん

  7. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  8. 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

  9. アトラス×ヴァニラウェアの完全新作『十三機兵防衛圏』情報&PV解禁、少年少女と巨大ロボがキー

  10. コントローラにセーブ、遊び心地は?「プレイステーション クラシック」1stインプレッション

アクセスランキングをもっと見る