人生にゲームをプラスするメディア

『アサシン クリード ユートピア』詳細が明らかに

ユービーアイソフトは、GREEプラットフォーム向け新作『アサシン クリード ユートピア』のゲームシステムを海外メディアが報じています。

PCゲーム ソーシャルゲーム
『アサシン クリード ユートピア』詳細が明らかに
  • 『アサシン クリード ユートピア』詳細が明らかに
  • 『アサシン クリード ユートピア』詳細が明らかに
  • 『アサシン クリード ユートピア』詳細が明らかに
  • 『アサシン クリード ユートピア』詳細が明らかに
ユービーアイソフトは、GREEプラットフォーム向け新作『アサシン クリード ユートピア』のゲームシステムを海外メディアが報じています。

本作は11月に発売予定の『アサシン クリード III』のスピンオフ作品になっています。GREEプラットフォームで提供されるということで、iOSとAndroidに対応しています。価格は基本無料でアイテム課金制となっています。今回はゲームの内容や数枚のスクリーンショットが公開されています。

肝心のゲーム内容ですが、プレイヤーは開拓者として、自分のコロニーを150年かけて開拓、発展させていきます。しかし、他のコロニーからアサシンが攻撃しにくるため、アサシンギルドを強化して、自分のコロニーを守りながら発展させていきます。

このように書くと非常に陳腐な内容に思われるかもしれませんが、敵アサシンとの戦闘は3D画面での戦闘になるとのこと。スクリーンショットで確認できますが、スマートフォンとは思えない画質での戦闘シーンになりそうです。

戦闘には、非同期の格闘で仲間と戦うか、友達と大軍を組んで大規模な敵と戦闘するかの2つがあるということです。戦闘パートで失敗したくないような場合には、「オート」ボタンがあるということで、自動でプレイしてくれるようです。

課金のポイントについてですが、基本プレイ無料のゲームにありがちなエネルギーの概念などはないということです。代わりに、コロニーで建物を建てる際のスピードアップをする時、追加キャラやアイテムを購入する時に課金することになるようです。なお、本作では100体以上のキャラクターが登場するということです。

ストーリーについては、今年のE3で発表された時点では、『アサシン クリードIII』と世界観が同じなだけで、直接的に物語にリンクするようなストーリーではないとされています。

『アサシン クリード ユートピア』は、日本では2012年の冬にリリース予定。価格は無料でアイテム課金制になっています。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

    スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  2. 五木あきら、うらまる、えい梨ら公式コスプレイヤーと会える!「G123コラボカフェ」の魅力をお届け

    五木あきら、うらまる、えい梨ら公式コスプレイヤーと会える!「G123コラボカフェ」の魅力をお届け

  3. 新作MORPG『アルピエル』ってどんなゲーム?2週間プレイしてわかったこと

    新作MORPG『アルピエル』ってどんなゲーム?2週間プレイしてわかったこと

  4. 【特集】『GWで一気にプレイしたい海外良質RPG』10選

  5. 伝説級ホラーゲーム『P.T.』を17歳のファンがリメイク、ゲームプレイの忠実な再現を目指す

  6. Steam版『クロノ・トリガー』が配信開始! 不朽の名作がアップグレードされて登場

  7. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  8. 自作イラスト対応の“キャラ作成ジェネレーター”を搭載したブラウザRPG『英雄RPG 聖域の冒険者』登場

  9. アクションゲーム版「ロードス島戦記」がSteamで配信決定!―生誕30周年を記念して

アクセスランキングをもっと見る