人生にゲームをプラスするメディア

コンテンツ事業の利益は2280%増、ソーシャルゲームが大きく貢献 ― バンダイナムコ第1四半期決算

ゲームビジネス その他

バンダイナムコホールディングスは、平成25年3月第1四半期決算を発表しました。

発表によると、売上高は1086億9500万円(前年同期比23.2%増)、営業利益161億6000万円(前年同期比155.3%増)、経常利益164億7500万円(前年同期比149.4%増)、四半期純利益102億2500万円(前年同期比214.8%増)となっています。

コンテンツ事業の中でも『機動戦士ガンダム』シリーズや『ワンピース グランドコレクション』などのソーシャルゲームが業績に大きく貢献しました。また、家庭用ソフトではPS3/Xbox360ソフト『ソウルキャリバーV』、『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームジェネレーション』の北米における販売が好調だったということです。その他、『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス フルブースト』などの業務用ゲーム機や、『機動戦士ガンダムUC』の売上も好調でした。コンテンツ事業における売上高は569億6800万円(前年同期比60.0%増)、セグメント利益は123億6700万円(前年同期比2,280.0%増)と大幅な増収となっています。

今後も家庭用ゲームソフトでは、PS3/Xbox360ソフト『鉄拳タッグトーナメント2』などの業務用ゲーム機でも人気のフランチャイズタイトルや、前作が好評だったPS3ソフト『テイルズ オブ エクシリア2』などを発売予定です。また、ソーシャルゲームもさらに強化し、収益性の向上を狙うということです。

なお、第1四半期の結果を受け、第2四半期及び通期の業績予想は上方修正されています。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  2. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  3. 海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

    海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

  4. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  5. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  6. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  7. 今週発売の新作ゲーム『大神 絶景版』『DOOM VFR』『リディー&スールのアトリエ 不思議な絵画の錬金術士』他

  8. 腕時計、筆箱…「ポケモンバトル◆ヒーローズ」のグッズ新登場

  9. DMMの動画・電子書籍にペイパル決済が導入―期間中ペイパルで支払うと10%のポイントバック

  10. 今週発売の新作ゲーム『STAR WARS バトルフロント II』『ポケモン ウルトラサン/ウルトラムーン』『The Sims 4』『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』他

アクセスランキングをもっと見る