人生にゲームをプラスするメディア

主力タイトルへの投資などで経常赤字に ― コーエーテクモ第1四半期決算

ゲームビジネス その他

コーエーテクモホールディングスは、平成25年第1四半期連結決算を発表しました。

売上高は58億6100万円(前年同四半期12.7%減)、営業利益は2400万円(同92.8%減)、経常損失5億900万円(前年同期は経常利益4億7600万円)、四半期純損失は4億8800万円(前年同期は純利益2億6500万円)となりました。

経常赤字になった要因としては、第2四半期以降に発売予定の主力タイトルに先行投資が発生したことに加え、有価証券評価損や為替差損が増加したためとしています。

ゲームソフト事業については、売上高37億4100万円、セグメント利益は4800万円でした。今期はニンテンドー3DSソフト『真・三國無双 VS』やWindows版『三國志12』を発売し、ガストの連結子会社後に発表した『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』『アーシャのアトリエ ~黄昏の大地の錬金術師~』が好評を博しました。また、国内外で旧作のリピート販売やダウンロードコンテンツ販売が堅調に推移したということです。

なお、平成25年3月期の業績予想は、売上高390億円、営業利益70億円、経常利益83億円、純利益は50億円を見込んでいます。こちらは当初の予想から変更はありません。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  2. 上海アクセスブライトに聞く、中国スマホゲーム市場と中国展開の秘訣・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第30回

    上海アクセスブライトに聞く、中国スマホゲーム市場と中国展開の秘訣・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第30回

  3. 脳と感覚を極限まで刺激する「VR“DEAD”THEATER」発表―超実体験型360°VRホラームービー!

    脳と感覚を極限まで刺激する「VR“DEAD”THEATER」発表―超実体験型360°VRホラームービー!

  4. 『初音ミク』に見る、2次元から3次元への連結・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第24回

  5. 【DEVELOPER’S TALK】「もうPS3には戻れない」と言わせたい、開発チームが挑んだゲームサウンド演出 PS4『龍が如く 維新!』インタビュー(後編)

  6. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  7. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  8. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  9. GBASPボディーカラーチェンジに新色「サムスツートン」

  10. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

アクセスランキングをもっと見る