人生にゲームをプラスするメディア

2011年国内家庭用ゲームメーカー総出荷金額は1兆4575億円 ― 「2012CESAゲーム白書」発刊

コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、家庭用ゲーム産業の年次報告書「2012CESAゲーム白書」を発刊しました。

ゲームビジネス その他
2011年国内家庭用ゲームメーカー総出荷金額は1兆4575億円 ― 「2012CESAゲーム白書」発刊
  • 2011年国内家庭用ゲームメーカー総出荷金額は1兆4575億円 ― 「2012CESAゲーム白書」発刊
コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、家庭用ゲーム産業の年次報告書「2012CESAゲーム白書」を発刊しました。

「2012CESAゲーム白書(2012CESA Games White Paper)」では、「メーカー出荷量データ」の他、「東京ゲームショウ2011来場者調査」「2012CESA一般生活者調査報告書~日本・韓国ゲームユーザー&非ユーザー調査~」からも、一部データを抜粋し掲載しているとのこと。また、海外市場の紹介として、米国・英国・ドイツ・北欧・スペイン・ イタリア・オランダ・スイスのデータが、関係機関の協力の下に転載されています。

今回の調査では、日本の家庭用ゲーム関連企業における2011年1月~12月までの国内向け・海外向けを合わせたソフトウェアとハードウェアの総出荷額は、1兆4,575億円(2010年:1兆7,975億円)となることなどが明らかとなっています。

ソフトウェアの国内外を合わせた総出荷額は、5,310億円(2010年:6,705億円)。このうち、国内におけるソフトウェアの総出荷額は2,379億円(2010年:2,591億円)、海外におけるソフトウェアの総出荷額は2,930億円(2010年:4,115億円)となりました。

ハードウェアの国内外を合わせた総出荷額は、9,265億円(2010年:1兆1,269億円)。このうち、国内におけるハードウェアの総出荷額は1,649億円(2010年:1,667億円)、海外におけるハードウェアの総出荷額は7,616億円(2010年:9,602億円)となっています。

上記より推計された、日本国内における総市場規模は、5,019億円(2010年:5,321億円)。このうち、ソフトウェアの国内市場規模は3,185億円(2010年:3,442億円)、ハードウェアの国内市場規模は1,834億円(2010年:1,879億円)となっています。

2011年の国内ミリオン出荷タイトル(100万本以上出荷)は全3タイトルで、『マリオカート7』(3DS)が、2011年12月31日までに147万本を出荷し、トップとなっています。

そのほか、特別寄稿に第三代会長・和田洋一氏の寄稿が収録されているほか、「CESA調査広報委員会の10年の記録(CESA調査広報委員会)」「コンテンツ技術から見たゲームの世界~デジタルコンテンツEXPOにおけるゲーム関連技術のご紹介~(一般財団法人デジタルコンテンツ協会/土屋光久氏)」「星空を楽しむツールとしてのソフトウェア『星空ナビ』~科学する心を育むメディア展開~(アストロアーツ/大熊正美氏)」「ゲームが貢献する介護の未来~介護ナビDSの取り組み~(ア・ライブ/田尻良氏)」の4テーマによる寄稿も掲載されているとのことです。

「2012CESAゲーム白書」は、7月30日より全国の政府刊行物取り扱い書店などで販売中。価格は7,350円(税込)です。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【Indie Japan Rising】同人ゲーム専門店は生き残れるのか?三月兎さんげっと店インタビュー

    【Indie Japan Rising】同人ゲーム専門店は生き残れるのか?三月兎さんげっと店インタビュー

  2. 【ゲーム×法律】ゲームの利用規約違反で制裁、どこまで許される?

    【ゲーム×法律】ゲームの利用規約違反で制裁、どこまで許される?

  3. 【CEDEC 2012】『シェルノサージュ』はどのようにクラウドサービスを導入したのか

    【CEDEC 2012】『シェルノサージュ』はどのようにクラウドサービスを導入したのか

  4. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  5. 【週間売上ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』以外はかなり厳しい売れ行き (4月13日〜19日)

  6. 【ゲームニュース一週間】様々な手段で奪われるゲーム

  7. スクエニ、執行役員制度を復活 ― 『ドラクエX』齋藤氏や『FFXIV』吉田氏も役員に名を連ねる

  8. 『スペースチャンネル5』復活にも一役買う、KDDIの複数人参加型VRデモコンテンツ「Linked-door」とは

  9. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  10. 久多良木健氏、サイバーアイ・エンタテインメントを設立して活動再開

アクセスランキングをもっと見る