人生にゲームをプラスするメディア

『デッドライジング 2』開発のカプコン・スタジオ・バンクーバーでレイオフ

ゲームビジネス 人材

『デッドライジング 2』開発のカプコン・スタジオ・バンクーバーでレイオフ
  • 『デッドライジング 2』開発のカプコン・スタジオ・バンクーバーでレイオフ
『デッドライジング 2』の開発スタジオとして知られるカプコン傘下のカプコン・スタジオ・バンクーバーにて、スタッフのレイオフが行われたことが明らかになりました。Twitterで報告される内容によると、スタジオの目標に見合わなかった結果として、全体の7%に当たる従業員が解雇されたとのこと。

一方で、「スタジオはまだ成長しており、積極的に優れた人材を探している」とも発言していることから、単なる規模縮小ではなく、社内で何らかの人員調整が行われた可能性も。また、人材担当者が、昨日のBioWare Austinレイオフのニュースを受けて、「カプコン・スタジオ・バンクーバーはスタッフを募集している」とツイートしているのが見つかっており(現在は削除済み)、今日になってレイオフが突然実施されたケースも囁かれています。

カナダを拠点にするカプコン・スタジオ・バンクーバーは、元はBlue Castle Gamesとして知られ、かつて稲船敬二氏の目に留まり『デッドライジング 2』の開発を担当。その後カプコンに買収されてスタジオ名が変更されていました。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  2. サイゲームス、伊名門サッカークラブ「ユヴェントス」スポンサー企業に!ユニフォームにロゴが掲出

    サイゲームス、伊名門サッカークラブ「ユヴェントス」スポンサー企業に!ユニフォームにロゴが掲出

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. 【TGS2007】コンパニオンフォト:モバイルメーカー編

  5. インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

  6. 【CEDEC 2013】ゲームメーカーが求める人材像とは?CEDEC2013業界研究フェアでバンダイナムコスタジオとグリーの人事担当が対談

  7. 【GTMF2013】シリコンスタジオのYEBIS 2が表現する軽量かつ効果抜群のポストエフェクトの世界

  8. コナミ、2016年4~12月期業績発表―『パワプロ』『パワサカ』他スマホ好調

  9. PSVitaでより楽しめるようになった人気テニスシリーズ最新作『パワースマッシュ4』

  10. 『絶体絶命都市』が再始動!2015年秋には、開発中止となった『4』の情報も

アクセスランキングをもっと見る