人生にゲームをプラスするメディア

ドリームワークス、『ニード・フォー・スピード』映画化権を獲得

ドリームワークススタジオは、エレクトロニック・アーツのアクションレースゲーム『ニード・フォー・スピード』の映画化権を獲得したと発表しました。

ゲームビジネス その他
ドリームワークス、EAのレーシングアクション『ニード・フォー・スピード』の映画化権を獲得
  • ドリームワークス、EAのレーシングアクション『ニード・フォー・スピード』の映画化権を獲得
ドリームワークススタジオは、エレクトロニック・アーツのアクションレースゲーム『ニード・フォー・スピード』の映画化権を獲得したと発表しました。

今回制作される劇場版は、ロボットボクシングを題材にヒューマンドラマを描き高評価を得た映画「リアル・スティール」の脚本家ジョン・ゲイティンス兄弟が参加。ゲーム版『ニード・フォー・スピード』シリーズをベースに、独自のオリジナルストーリーが展開されるそうです。

ドリームワークスの会長スティーブン・スピルバーグ氏は、EAやゲイティンス兄弟と共に映画を制作できることは「非常にエキサイティングだ」とコメント。「これはとても大きなビジネスで、我々ドリームワークスはフランク・ジボー、パット・オブライエン、ケビン・メア、そして ジョン・ゲイティンス、ジョージ・ゲイティンスがこの作品の創り手として我々を選んでくれたことに心から感謝している」と制作に参加できる喜びをあらわにしています。

『ニード・フォー・スピード』シリーズは累計14,00万本、40億ドルを売り上げているEAのレーシング看板タイトル。年内の冬には『ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド』が国内でも発売予定となっています。

※写真は『ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド』のものです。
《石元修司》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『鬼武者』『塊魂アンコール』他

    今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『鬼武者』『塊魂アンコール』他

  2. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  4. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  5. 【CEDEC 2009】WiiとDSで同じゲームを動かす~『FFCC EoT』を巡るプラットフォーマーとソフトメーカーの取り組み事例

  6. 【週間売上ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』以外はかなり厳しい売れ行き (4月13日〜19日)

  7. 待たれるクロスバイの拡大、ゲームをより楽しむための環境整備への道のりの現状を探る

  8. 任天堂、ロゴを変更?

  9. 【レポート】さらに進化した『サマーレッスン』をプレイ!ヤバさがかなり増しています。情報量が凄いです。彼女は本当に、そこにいました。

  10. ブロックチェーン技術を活用した『My Crypto Heroes』が開発中-獲得したアセットはユーザー自身が所有権を持つ

アクセスランキングをもっと見る