人生にゲームをプラスするメディア

次世代高速通信、全国19都道府県23都市29カ所のエリアで実効速度を比較

イードは、Xi/WiMAX/4G/LTEなどの次世代高速通信サービスについて、全国19都道府県23都市29か所におけるエリア状況および実効速度の評価を行いました。これからの夏休み行楽シーズンを前に、夏祭り・花火大会が行われるスポットでの実態がわかるものとなっています。

その他 全般
イードは、Xi/WiMAX/4G/LTEなどの次世代高速通信サービスについて、全国19都道府県23都市29か所におけるエリア状況および実効速度の評価を行いました。これからの夏休み行楽シーズンを前に、夏祭り・花火大会が行われるスポットでの実態がわかるものとなっています。

この調査は、6月1日~11日・平日の9時~23時の時間帯に、全国の夏祭り・花火大会の開催場所周辺で、各ルータを同条件下で3回計測し、下りの最高速の数値を記録したものとなっています。

計測ツールとしては「RBB TODAY スピード測定」(speed.rbbtoday.com)、使用ルータとしてはNTTドコモ「L-09C」、UQ WiMAX「AtermWM3600R」、ソフトバンクモバイル「SoftBank 101SI」、イー・モバイル「GL01P」が用いられました。

それによると、全国の夏祭り・花火大会が行われる場所での実効速度として、最速のスピードを出したのは、「Softbank 4G」で「にっぽんど真ん中まつり」(愛知県名古屋市)開催場所周辺での計測結果が25.13Mbpとなりました。全国で最も多く最速値を出したのは「UQ WiMAX」で、計18か所となっています。

「UQ WiMAX」は、どのエリアでも下り10Mbps以上で通信が可能であったほか、繁華街から外れた場所でも通信速度が大きく落ちることはありませんでした。一方、LTEを採用している中ではドコモ「Xi」のサービスエリアが最も広いとされているものの、今回のテストではそれを上回る範囲で「EMOBILE LTE」での通信が可能でした。

通信速度を比較すると、「Xi」は下り数メガbpsでの接続で安定している一方、「EMOBILE LTE」は場所によって速度にバラつきがあり、「Xi」よりも速度が出ないこともありました。また、ソフトバンクの「Softbank 4G」は下り20Mbps以上での通信が可能な一方で、3G回線に接続することが多く、まだまだ通信エリアの狭さが目立つ結果になりました。

EMOBILE LTE、Xi(クロッシィ)、Softbank 4Gでは、首都圏を中心に局所的に高い数字がでる一方で、全国的には3G回線につながったり圏外になってしまう地域もあり、各社の目標と実際のエリアカバーの差がまだまだ大きいと言えるでしょう。なお、各回線事業者のサービススペックを比較すると、単月料金ではUQ WiMAX、EMOBILE LTEが最安となります。

■全国の速度計測場所
隅田川花火大会(東京スカイツリー)
湘南平塚七夕まつり(平塚駅付近)
神奈川新聞花火大会(みなとみらい)
旭川納涼花火大会(常盤公園)
YOSAKOIソーラン祭り(大通り公園)
旭川夏祭り(平和通買物公園)
青森ねぶた祭り(新町通り)
青森花火大会(青い海公園)
秋田竿燈まつり(竿燈大通り)
全国花火競技大会(大曲 丸子橋付近)
仙台七夕まつり(クリスロード商店街)
山形花傘まつり(山形市役所)
長岡まつり(大手通り)
長岡大花火大会(大手大橋付近)
浜松七夕ゆかた祭り(鍛治町通り)
浜名湖かんざんじ温泉灯篭流し花火大会(浜名湖)
にっぽんど真ん中まつり(久屋大通)
名古屋みなと祭り花火大会(名古屋港駅付近)
祇園祭(四条通)
天神祭(大阪天満宮駅付近)
天神祭奉納花火(桜ノ宮OAP)
みなと神戸海上花火大会(モザイク)
管絃祭/宮島水中花火大会(宮島口)
阿波踊り(藍場浜公園)
よさこい祭り(帯屋町)
博多祇園山笠(大箔通り)
筑後川花火大会(水天宮付近)
エイサー祭り(コザ運動公園)
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『MOTHER2』とのコラボも!「ほぼ日」が創刊20周年を記念して、豪華アーティストデザインのハラマキを発表

    『MOTHER2』とのコラボも!「ほぼ日」が創刊20周年を記念して、豪華アーティストデザインのハラマキを発表

  2. 山崎紘菜、実写『モンスターハンター』でハリウッドデビュー! ミラも「ゲームから飛び出してきたみたい」

  3. 『メタルギアソリッド』がボードゲーム化!E3 2019でプレイお披露目予定

  4. 『FGO アーケード』プレイをサポートする「カルデアWebマイルーム(β版)」のサービスが開始―様々な情報をいつでも確認可能!

  5. 海外スタントマンが『スマブラSP』キレキレのアクションで大乱闘を再現!

  6. 「ひなビタ♪」ライブで輝く彼女たちを支えたLive2Dはいかにして作られたか―alive2018セッションレポート

アクセスランキングをもっと見る