人生にゲームをプラスするメディア

【東京おもちゃショー12】スクエニが仕掛ける大型プロジェクト「ジャイロゼッター」、玩具も大展開

その他 玩具

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
6月21日から、キッズ向けのカード筐体が先行稼働する『超速変形ジャイロゼッター』が、東京おもちゃーショーでも注目を浴びている。6月14日から始まった東京おもちゃーショー2012に、『超速変形ジャイロゼッター』の玩具が早速出展されている。
『超速変形ジャイロゼッター』は、ゲーム大手のスクウェア・エニックスが仕掛けるメディアミックスの大型プロジェクトである。発表当初より、カードゲーム、ニンテンドーDS向けゲームソフト、マンガ連載、トイホビー、テレビアニメを同時に仕掛ける。
カードゲーム、ゲームソフトをスクウェア・エニックス、マンガを集英社、アニメをテレビ東京とA-1 Picturesが担当する。業界の主要プレイヤーが並ぶことからも、プロジェクトの力の入れ具合が感じられる。

このうちトイホビーを担当するのが大手玩具メーカーのバンダイだ。バンダイは、東京おもちゃーショー2012の自社ブースに『超速変形ジャイロゼッター』のコーナーを設け、秋以降発売予定の各種玩具を披露している。
玩具は車型フィギュアを変形させるとロボットになるというものだ。ゲームやアニメに登場する。コーナーでは玩具のほか、テレビアニメのプロモーション映像、さらにカード筐体も展示され、多方面でのメディア展開をアピールし、ブースを訪れた来場者の関心を集めていた。

『超速変形ジャイロゼッター』は、21世紀の横浜新都心が舞台。そこでは人工知能で誰もが安全に運転できる車「エーアイカー」が開発された。子供たちが運転技術を学ぶアルカディア学園の小学5年生・轟駆流は、ある日人類を救う「選ばれしドライバー」であることを告げられる。彼は自分に託されたロボットに変形する車「ジャイロゼッター」と伴に、戦いに挑むことになる。
テレビアニメは2012年10月よりテレビ東京系でスタートする。原作はスクウェア・エニックス、監督に『勇者警察ジェイデッカー』や『銀魂』の高松信司さん、シリーズ構成は佐藤大さんとストーリーライダーズとかなり豪華なスタッフ陣だ。
また、マンガ連載は「最強ジャンプ」(集英社)で連載中である。今年夏から秋にかけて大きな話題を呼びそうだ。

『超速変形ジャイロゼッター』 公式サイト
http://gyrozetter.com/

アニメ『超速変形ジャイロゼッター』 公式サイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/gyrozetter/

[スタッフ]
原作: スクウェア・エニックス
企画・原案: 市村龍太郎
監督: 高松信司
シリーズ構成: 佐藤大とストーリーライダーズ
音楽: 佐藤直紀
キャラクターデザイン原案: カイエダヒロシ
キャラクターデザイン: 湯本佳典
ジャイロゼッターデザイン: 
石垣純哉/池田幸雄/渭原敏明/今石進/海老川兼武/界グラフィックス/片貝文洋/河森正治/常木志伸/ ヒラタリョウ/ブリュネ・スタニスラス/森木靖泰/矢薙じょう/ロマン・トマ/鷲尾直広(五十音順)
制作: A-1 Pictures
製作: ジャイロゼッター製作委員会

スクエニが仕掛ける大型プロジェクト「ジャイロゼッター」 玩具も大展開

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 俳優の大杉漣さんが急逝―「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」にも出演

    俳優の大杉漣さんが急逝―「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」にも出演

  2. 『モンハン』×「デカビタC」コラボCMが放映決定、生田斗真や池松壮亮らがハンターに!?

    『モンハン』×「デカビタC」コラボCMが放映決定、生田斗真や池松壮亮らがハンターに!?

  3. TVアニメ「ペルソナ5」放送情報公開!TOKYO MX、MBSほかにて4月よりオンエア

  4. 【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』ボウガンのバランス調整に関心が集中─HRに関するアンケートや初心者向けの“狩りのコツ”などもお見逃しなく

  5. 『アイドルマスター シンデレラガールズ劇場』に登場した「鋼鉄公演きらりんロボ」が、段ボール製簡易防音室になって登場!

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】『モンハン』のやりすぎで彼女に嫌われる

アクセスランキングをもっと見る