人生にゲームをプラスするメディア

「まもるくん復興支援プロジェクト」第2弾、サイバーコネクトツー松山社長のイラストを販売

サイバーコネクトツーは、イラストチャリティプロジェクト「まもるくん復興支援プロジェクト」第2弾として、同社代表の松山洋氏のイラストおよびスマートフォン向け壁紙を販売開始しました。

その他 全般
サイバーコネクトツーは、イラストチャリティプロジェクト「まもるくん復興支援プロジェクト」第2弾として、同社代表の松山洋氏のイラストおよびスマートフォン向け壁紙を販売開始しました。

「まもるくん復興支援プロジェクト」は、同社がキャラクターデザイン・世界観設定を手がける福岡県の「防災・防災・安全」のイメージキャラクター「まもるくん」をモチーフに描いたイラストチャリティプロジェクト。「まもるくん」の世界観を題材にした作品データをインターネットを通じて購入してもらい、その売上金の収益を寄付するというものです。すでに多くの方々から、寄付が集まっているといいます。

その中で同社代表の松山氏もイラストを執筆、提供することとなりました。また、スマートフォン向けの壁紙の販売を開始しています。

松山氏は「せっかくなので、私自身も描いてみました。『まもるくん』世界の“謎のおじいちゃん”です。人々や子供たちに勇気を与える、こんなおじいちゃんになれるように、生きていきたいですね。作品の応募も随時受付中ですので。皆さまのご応募をお待ちしております。最初にできる“一歩”から! イラストでも漫画でも、ようは“きっかけ”だと思いますので。決して“上手”である必要はありません。みんなで“繋げて”いければいいと思います」とのコメントを出しています。

同プロジェクトではさらに、プロ・アマ問わず本復興支援プロジェクトに賛同する方よりイラスト・漫画・絵本・動画等の作品を募集中。選考の上、採用された作品はサイバーコネクトツーが作品提供者に代わり販売を行い、その売上金の収益を寄付します。
《D》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『バイオハザード RE:2』ステージレポ─手に汗握る実機プレイに会場の視線も釘付け【TGS2018】

    『バイオハザード RE:2』ステージレポ─手に汗握る実機プレイに会場の視線も釘付け【TGS2018】

  2. 『ファイナルファンタジー』などの音楽を手がけた植松伸夫氏が療養のため一時活動休止へ

    『ファイナルファンタジー』などの音楽を手がけた植松伸夫氏が療養のため一時活動休止へ

  3. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

    【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  4. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  5. タイトー、TGSで小型アーケード筐体『ARCADE1UP』を出展─『スペースインベーダー』『パックマン』が当時の姿で復活!

  6. コジマプロダクション、東京ゲームショウ2018に物販ブースで参加決定―新商品のリクエストも受付中

  7. 『メガドライブ ミニ(仮)』の発売が2019年へ延期―海外ファンからの反響を受けてモデルチェンジを実施

  8. 「TGS2018」SNK物販ブースの情報が公開―限定ステッカー付きの『NEOGEO mini』や、品薄が続く『PAD』なども販売!

アクセスランキングをもっと見る