人生にゲームをプラスするメディア

画面に付けるだけで立体映像が楽しめる、裸眼3Dディスプレイシステム「VisuZ」6月発売

VMJは、裸眼3Dの最先端技術「CLD方式」を初めて採用したデスクトップパソコン向け脱着式裸眼3Dディスプレイシステム「VisuZ」を発表しました。

その他 全般
VMJは、裸眼3Dの最先端技術「CLD方式」を初めて採用したデスクトップパソコン向け脱着式裸眼3Dディスプレイシステム「VisuZ」を発表しました。

「CLD(Chromatic Light Deflector)方式」は、従来のバリヤー方式を改善し、輝度を従来の3倍に上げ、映像をよりシャープに仕上げた次世代裸眼3D技術です。「VisuZ」は、CLD脱着式フィルターにより、1台のパソコン用ディスプレイを2D用あるいは3D用としても共用できる技術となっています。

これまでの3Dディスプレイは2眼式のためシングルユースでしたが、「VisuZ」では2、0型クラスとして初めて5眼式を採用したマルチビュ方式により、複数の人が同時に3Dを楽しめます。また、「VisuZ」はマグネットによる着脱方式のため、切り替えもワンタッチで可能です。

「VisuZ」は、人気のPCゲームを3Dで楽しむことができるGame Driverを搭載。対応ゲームは、『Crysis1/2』『F1 2011』『GrandTheftAutoIV』『ModernWarfare1/2』『DriverSanFrancisco』など。その他のゲームでもユーザーがプロファイルを追加すれば、3Dエフェクトを調整することでプレイ可能です。

さらに、市販3Dカメラ、Androidスマートフォン(富士フイルムFINE PIX 3DW3、HTC EVO 3Dなど)で撮影した3D写真(2眼式3D素材)をマルチビュー(5眼式3D)に画像変換する「3D Photo Viewer」、Cyberlink社PowerDVDのBlu-ray3D再生をサポートし、市販のBlu-ray3Dタイトルを裸眼3Dで再生できる「Blu-ray 3D」を搭載しています。

なお、販売価格は21.5インチが2万円(税込)、23インチが2万5千円(税込)で、年間5万セットの販売を見込んでいるとのこと。また、ノートPC(15.6インチ)用も近く販売が予定されています。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 再挑戦で成功したツインスティック開発! 20年前のギャルゲーの新企画も決定! クラウドファンディングとゲームの関係がもたらす新たな展開

    再挑戦で成功したツインスティック開発! 20年前のギャルゲーの新企画も決定! クラウドファンディングとゲームの関係がもたらす新たな展開

  2. 「コナン」最新刊で"黒ずくめの組織"ボスの正体判明! 灰原哀、TVCMで24年越しの真実語る

  3. 「もっとちこう寄ります?」『FGO』酒呑童子を“現界させた”中国コスプレイヤーw百合欧皇子wインタビュー

  4. 爆弾背負った「藤崎詩織」がフィギュア化決定!―プライズ景品として登場予定

  5. 【漫画でわかる】ゲームメディアで活躍するVTuberのインサイドちゃんって?

  6. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case28「タイムマシンによろしく! その6」

  7. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  8. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る