人生にゲームをプラスするメディア

ユービーアイ通期決算は黒字転換・・・家庭用と基本無料モデルの統合を進める

ユービーアイソフトが発表した2012年度の通期業績は、売上高10億6130万ユーロ(+2.2%)、営業利益4560万ユーロ(-)、純利益3730万ユーロ(-)と前年度の赤字から黒字転換を果たしています。

ゲームビジネス 市場
ユービーアイソフトが発表した2012年度の通期業績は、売上高10億6130万ユーロ(+2.2%)、営業利益4560万ユーロ(-)、純利益3730万ユーロ(-)と前年度の赤字から黒字転換を果たしています。

CEOのYves Guillemot氏は「業績を支えたのはオンライン/デジタル関連の成長です」とコメント。「ユービーアイはこの分野でのノウハウ蓄積や新しい才能の獲得に全力を挙げてきていて、今後ゲーム業界の様々なチャンスを物にする為の最高のポジションを確保しています」と述べています。

ゲームの分野別の売上では、『アサシンクリード リベレーションズ』や『The Setters Online』『Rayman Origin』『Driver San-Francisco』などのコアゲームが5億7800万ユーロ。『Just Dance』『Rocksmith』などのカジュアルゲームが4億8300万ドル。そして、その両方を含みますがオンライン/デジタルが前年度から110.8%の成長で8000万ユーロとなっています。

今後の成長もオンライン/デジタル分野な事は間違いありません。Guillemot氏は「現在の我々の努力はクオリティの高いゲームを作る能力を継続的に拡充しつつ、それを急速に成長しているF2P(フリーミアム、基本無料+追加課金タイプ)に統合する事でタイトルを拡大しながら収益を確保していくというものです」と述べ、既存の有力IPでもF2Pのようなモデルを導入することで陰りが見えるパッケージビジネスに対応しようとしています。

また、次世代機についても「ユービーアイは、次世代機の登場は新しい市場を生み出すだけでなく、このオンライン/デジタルの流れを加速させ、PCやスマートフォン市場でのF2Pのモデルを家庭用ゲームにも統合するものとなると考えています」とコメント。

さらに、ユーザーにとってゲームを始めるハードルを下げるF2Pやスマートフォンなどの様々な地域で配信できるデバイスが普及することは「我々のタイトルのグローバルリーチを拡大し、各ブランドの持つユーザー当たりの収益を拡大することに繋がる」としました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  2. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

    「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  4. 2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

  5. 「CEDEC 2018」で存在感を放ったリアルタイムアンケートシステム「respon」の魅力とは

  6. さよならハドソン、過去の名作をCMで振り返る

  7. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  8. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  9. スマホ用VRヘッドセット「STEALTH VR」4月20日より一般販売が開始、価格は約1万円

  10. 「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

アクセスランキングをもっと見る