人生にゲームをプラスするメディア

ミクシィ、身売りを検討・・・ゲーム課金出遅れや競争激化で成長鈍化

ゲームビジネス 市場

ミクシィ
  • ミクシィ
ソーシャルネットワーク大手のミクシィが身売りを検討していると日経ビジネスオンラインが伝えました。

ミクシィは国内SNSの先駆けである「mixi」を運営しますが、フェイスブックとの競争やソーシャルゲーム課金に出遅れた事から同社は成長戦略が描きづらくなっており、同誌は笠原健治社長が保有する約55%の株式の一部を譲渡する先を探しているとのこと。過去にはヤフーと資本提携寸前まで行って破談したこともあり、ディー・エヌ・エーやグリーなどの事業会社や投資会社などが候補に上がっているそうです。

報道を受けミクシィの株価は上昇、10:14現在前日比+7800円(4.93%)の16万5900円で取引されています。一方、ミクシィは「本日、一部報道機関において、『ミクシィ、身売りを検討』という報道がありましたが、報じられている事実はございません。」と否定のコメントを出しています。

ミクシィが11日発表した平成24年3月期の連結業績は、売上高133億3400万円(前年同期比+0.8%)、営業利益21億9400万円(△34.9%)、経常利益21億0700万円(△29.5%)、純利益7億4900万円(△45.8%)となっています。成長が鈍化する一方、昨年秋から開始した「mixiゲーム」の効果で課金収入が上昇しているとのこと。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

    『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

  2. 2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

    2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

  3. 『コトダマン』の追加キャラクターは月間40体!煩雑な発注管理をスムーズに行う秘訣とは?ーセガゲームスに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例

    『コトダマン』の追加キャラクターは月間40体!煩雑な発注管理をスムーズに行う秘訣とは?ーセガゲームスに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例

  4. ゲームは地方に活力を与える!『Tengami』の東江氏と『PixelJunk Eden』のBaiyon氏が語るインディーのこれから・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第31回

  5. 【特集】就職はあくまで通過点。「創る・見せる・売り込む」が方針の「アミューズメントメディア総合学院」の学びとは

  6. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  7. 今週発売の新作ゲーム『ザンキゼロ』『ニンテンドークラシックミニファミコン ジャンプ創刊50周年記念バージョン』他

  8. スマホゲームはブラックオーシャン、挑戦者の一人として戦う・・・ガンホー・オンライン・エンターテイメント森下一喜社長

  9. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  10. ゲーム開発のマイルストーン社長が逮捕、金融商品取引法違反

アクセスランキングをもっと見る