人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、従来予想は上回るものの上場以来の赤字決算・・・営業損失373億円

ゲームビジネス その他

任天堂が26日発表した平成24年3月期の通期業績は、売上高6476億5200万円(前年同期比△36.2%)、営業損失373億2000万円(-)、経常損失608億8300万円(-)、純損失432億0400万円(-)と上場以来の通期赤字決算となりました。ただし想定よりも円安に振れたため、従来予想は上回りました(営業損失450億円を予想)。

主力であるニンテンドー3DSは値下げや年末商戦での大型タイトルの投入により販売台数が1353万台となり、国内でも史上最速で500万台を突破しました。ただし、ソフトは当初の出遅れをカバー出来ず、全世界で3600万本に留まりました。また、発売から5年が経過したWiiはハードが984万台に留まる一方、ソフトは1億237万本と堅調。利益面では両ハードの値下げや流通在庫の補償、円高の影響により上場以来の赤字決算となりました。なお、為替差損は277億円発生したとのこと。

今期は、値下げにより逆ざやとなっている3DS本体の採算が今期半ばには取れるようになると予測。『Newスーパーマリオブラザーズ2』や『とびだせ どうぶつの森』などの人気タイトルの新作を投入するほか、年末にはWii Uを日米欧を中心にリリース予定。

業績予想については、第2四半期(累計)で売上高2300億円、営業損失250億円、経常損失300億円、純損失200億円。通期では売上高8200億円、営業利益350億円、経常利益350億円、純利益200億円と、下期からは業績は回復に向かうとの予想です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

    「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

  2. 【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

    【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

  3. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

    「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  4. 【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

  5. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

  6. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  7. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  8. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  9. 安価で手軽なスマホVRゴーグル「400-MEDIVR1_2」発売

  10. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

アクセスランキングをもっと見る