人生にゲームをプラスするメディア

「カカオトーク」がゲームプラットフォーム化、今月下旬にも第一弾ゲームが投入

スマートフォンで人気を集めるメッセンジャーアプリ「カカオトーク」を提供するカカオは、オンラインゲームメーカーのウィメイドエンターテイメントと提携し、同アプリ向けに「ゲームセンター」と呼ばれる機能を追加しゲームプラットフォーム化の準備を進めています。

ゲームビジネス 市場
 
  •  
  •  
スマートフォンで人気を集めるメッセンジャーアプリ「カカオトーク」を提供するカカオは、オンラインゲームメーカーのウィメイドエンターテイメントと提携し、同アプリ向けに「ゲームセンター」と呼ばれる機能を追加しゲームプラットフォーム化の準備を進めています。

カカオとウィメイドは3月28日にパートナーシップ締結式を行い、共同でプロジェクトチームを作り、「カカオトーク」内に「ゲームセンター」の準備を進めていることを明らかにしました。既に準備は佳境の模様で、4月末にもオープンする計画。

まずはウィメイドが開発したリアルタイムストラテジーの『カオス ディフェンス』と、ソーシャルゲームの『バイキングアイランド』、3Dダンスリズムゲーム『リズムスキャンダル』を用意。どれも2年以上の開発期間を費やした大作になっているとのこと。

ウィメイドは昨年9月にカカオの第三者割当増資を引き受け、約50億ウォン(約3億5000万円)を出資。今回のプラットフォーム構築に合わせて、更に約200億ウォン(約14億3000万円)を追加出資し、約5.8%の株式を保有しています。

ウィメイドのナム・グンフン代表は「カカオの強力なプラットフォームに、ウィメイドのスマートフォン向け大作ゲームを投入することは大きな相乗効果で、市場のパラダイムシフトを巻き起こすような展開ができるのではないかと思います」とコメント。期待を寄せています。

カカオトークは世界で5000万人が利用するスマートフォン向けメッセンジャーアプリ。韓国で誕生し、日本でも利用者が多数存在します。競合にはNHN Japan(NAVER)の「LINE」やNTTコミュニケーションズの「050plus」、マイクロソフトの「Skype」などがあります。これらも同様の展開を進める意向と見られ、NHNも「LINE」のオープン化に向けて取り組んでいます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ファイアーエムブレム 風花雪月』『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』『東京2020オリンピック The Official Video Game』他

    今週発売の新作ゲーム『ファイアーエムブレム 風花雪月』『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』『東京2020オリンピック The Official Video Game』他

  2. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 複雑なアニメーションデータもUnity上に集約して手軽に実装・・・モバイルゲーム向けパイプラインのデモ

    複雑なアニメーションデータもUnity上に集約して手軽に実装・・・モバイルゲーム向けパイプラインのデモ

  4. バンダイナムコの本社が移転 ― 品川の未来研究所から、東京都港区へ

  5. 国民・企業・政府が一体になれば一大市場が生まれる―サイバーエージェント山内隆裕氏が登壇したセッションをレポート

  6. カプコンがゾンビを緊急募集中―全世界での深刻なゾンビ不足を“あなたの手”で救え!

  7. 2019年6月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  8. 【DEVELOPER’S TALK】ゲームは和風、開発は洋風?ツール&ミドルウェアを駆使して実現した極上サムライゲー『侍道3』

  9. 『ドラゴンクエスト』新規HDタイトルの発足が明らかに!“次なる世代に向けたドラクエならではの挑戦”を始めている

  10. 「技術に振り回されずトンチの効いたゲーム制作を」-明かされる『ロスト プラネット 2』の内幕

アクセスランキングをもっと見る

1