人生にゲームをプラスするメディア

いま話題のゲーム『課税府のノダ』、就任から1年で消費税を徹底アップ! ― 目指すは500%

モバイル・スマートフォン Android

Andorid向けの無料アプリ『課税府のノダ』がひそかに話題になっています。

『課税府のノダ』は、楽しく政治について考える事のできるアプリ。野田佳彦首相(2012年3月11日現在)とも、家政婦のミタさんとも、実在の個人・団体とも関係ありません。ゲームの目的は「国民にばれないようにとっとと消費税を上げよう」という、なんとも言えないものです。しかし、Google Play Storeでの現在の平均評価は4.5。ほとんどのプレイヤーが5つ星を付けています。

ゲームを起動すると、怒っている国民の顔が登場。さらに国民の上下左右、さらに斜めの計8方向に、「ノダ総理」あるいは「上島竜平」(たぶん仮名)の顔がランダムに出ては消えます。

国民の顔は、指先でフリックして向きを変えることができるので、できるだけ「上島竜平」のほうを見させて、国民の目をそらしましょう。ちなみに「怒っている国民の顔」も某アニメの司令にそっくり。たしか碇(いかり)という名前でしたが、たまたま似ているだけに違いありません。

国民は上島竜平を見ると政治に関心がなくなり、消費税を上げる事ができます。ノダ総理を見ると政治に関心を持ってしまい、消費税が下がってしまいます。いかにも「ノダ総理」の黒い笑い声が聞こえてきそうですね。

ゲーム内には時間が存在しており、年末年始は増税するチャンス。さらに国民が上島竜平を見続けると消費税アップの大チャンス「大増税宣言モード」に移行し「どうぞどうぞ」を見ると大増税できます。さらに消費税がある程度上がると、国民は「増税ジャンキー」になり、今まで以上に消費税が上がります。

こうして、就任からの1年で消費税500%を目指すというのが、アプリの内容。最後にはノダ総理のつぶやきも待っています。

ちなみに画面は左右2つに分かれており、その両方で同時にプレイできます。最初は1本指でプレイし、慣れてきたら、両方の国民を左右の親指で操作すれば、高得点=消費税アップが可能でしょう。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『FGO』次回アップデートの情報を公開─所持上限に達していても聖晶石召喚が可能に

    『FGO』次回アップデートの情報を公開─所持上限に達していても聖晶石召喚が可能に

  2. iOS/Android『ブレイブリーアーカイブ ディーズレポート』10月23日にサービス終了

    iOS/Android『ブレイブリーアーカイブ ディーズレポート』10月23日にサービス終了

  3. 『FGO』水着イベント第2部開幕!とりあえず編集部で60連召喚

    『FGO』水着イベント第2部開幕!とりあえず編集部で60連召喚

  4. 街づくりアプリ『ランブル・シティ』で「東京スカイツリー」コラボ開催中!

  5. 『温泉むすめ』がスマホに登場!位置情報を活用した新作アプリゲームが2018年リリース決定

  6. 『オルタンシア・サーガ』期間限定イベント開始!レイドボス討伐で「ドロシー」をゲット

  7. 【特集】「Google翻訳」のリアルタイムカメラ翻訳機能で遊んでみた!

  8. 『CARAVAN STORIES』クローズドβテストの開催が8月29日に延期―追加募集は27日まで、枠は3,000名に増加

  9. 完全新作MMORPG『CARAVAN STORIES』事前登録開始数時間で150万人を突破

  10. 【特集】原作者から「やりすぎ」のツッコミも―原作愛から産まれた『リ・モンスター』の“これまでとこれから”

アクセスランキングをもっと見る