人生にゲームをプラスするメディア

「ARおドールカード」認識の仕組みはカラービットも利用 ― 『新・光神話 パルテナの鏡』社長が訊く

任天堂ホームページに『新・光神話 パルテナの鏡』の社長が訊くが全て公開されました。

任天堂 3DS
  • ARおドール3枚
  • ARおドールカード
  •  
  •  
任天堂ホームページに『新・光神話 パルテナの鏡』の社長が訊くが全て公開されました。

2月に行われたNintendo Direct終了後に掲載された『新パルテナ』の社長が訊くは、発売前のタイミングと言うことで前半部分のみ公開で、後半は伏せられていました。発売から1週間が経ち、情報規制も徐々に解禁され始めた本日、その後編が公開となりました。

今回は、第6章後の展開やARカードなどについて桜井政博ディレクターが語ります。直接的なネタバレはありませんが、物語について具体的に触れている部分があるので、閲覧の際はご注意ください。

「ARおドールカード」については、全×××種類用意していると語る桜井氏。どうやら三ケタは用意しているようです。制作のキッカケは『スマブラ』のフィギュアから。アイディアは一瞬の閃きで、『新パルテナ』にARを適用出来ないかと言う所から始まったと語っています。

ただ、元々数多くの種類を認識するのには向いていないニンテンドー3DS、正しく読み込ませる技術的で苦労したそうで、ここは絵柄の部分を把握しつつカラービットを読んで補足する形で落ちついたそうです。

ARおドールカードの左下部分にあるカラーコードは、模様こそ同じですがカードそれぞれでカラー配置が異なっており、ここが読み込みの補足を入れることで100を超えるカードをも認識できる仕組みができたようです。

インタビュー最後には『新パルテナ』が本格制作に入る前のプロトバージョンが動画で掲載されています。ニンテンドー3DSの開発環境が整う前は、PCやWiiなどで作っていたそうです。この時点で製品版に近いイメージが出来上がっていたのがわかります。

『新・光神話 パルテナの鏡』は、好評発売中で価格は5800円(税込)です。

(C)2012 Nintendo
(C)2012 Sora Ltd.
《》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「Nintendo Switch Online」正式サービス開始! 7日間の無料体験が可能─疑問に答えるサポートページも公開

    「Nintendo Switch Online」正式サービス開始! 7日間の無料体験が可能─疑問に答えるサポートページも公開

  2. スイッチ『ファミリーコンピュータ コントローラー』の予約受付がスタート!ストアページも同時公開

    スイッチ『ファミリーコンピュータ コントローラー』の予約受付がスタート!ストアページも同時公開

  3. 「Nintendo Switch Online」の加入方法やファミリープランを利用するためには? 気になるQ&Aを公開

    「Nintendo Switch Online」の加入方法やファミリープランを利用するためには? 気になるQ&Aを公開

  4. 「Nintendo Switch Online」サービス開始時に遊べるファミコンゲームを全公開! 今後『ソロモンの鍵』『メトロイド』『忍者龍剣伝』など追加

  5. 『スプラトゥーン2』新ステージ「ムツゴ楼」10月初旬に追加─このパワースポットに訪れると“ナワバリバトル”に勝てる!?

  6. 『スプラトゥーン2』Ver.4.0.0の注目ブキ8選!オフロッシャーはかなり苦しくなった!?

  7. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  8. 「ファミリーコンピュータ コントローラー」発表! Nintendo Switch Onlineのファミコンゲーム専用

  9. 『どうぶつの森』新作がニンテンドースイッチで発表!

  10. 『スーパーボンバーマン R』大型アップデートを実施!『悪魔城ドラキュラ』のアルカードや『ぼくってウパ』のウパ、『pop'n music』のミミ、ニャミなどが参戦

アクセスランキングをもっと見る