人生にゲームをプラスするメディア

「ARおドールカード」認識の仕組みはカラービットも利用 ― 『新・光神話 パルテナの鏡』社長が訊く

任天堂ホームページに『新・光神話 パルテナの鏡』の社長が訊くが全て公開されました。

任天堂 3DS
  • ARおドール3枚
  • ARおドールカード
  •  
  •  
任天堂ホームページに『新・光神話 パルテナの鏡』の社長が訊くが全て公開されました。

2月に行われたNintendo Direct終了後に掲載された『新パルテナ』の社長が訊くは、発売前のタイミングと言うことで前半部分のみ公開で、後半は伏せられていました。発売から1週間が経ち、情報規制も徐々に解禁され始めた本日、その後編が公開となりました。

今回は、第6章後の展開やARカードなどについて桜井政博ディレクターが語ります。直接的なネタバレはありませんが、物語について具体的に触れている部分があるので、閲覧の際はご注意ください。

「ARおドールカード」については、全×××種類用意していると語る桜井氏。どうやら三ケタは用意しているようです。制作のキッカケは『スマブラ』のフィギュアから。アイディアは一瞬の閃きで、『新パルテナ』にARを適用出来ないかと言う所から始まったと語っています。

ただ、元々数多くの種類を認識するのには向いていないニンテンドー3DS、正しく読み込ませる技術的で苦労したそうで、ここは絵柄の部分を把握しつつカラービットを読んで補足する形で落ちついたそうです。

ARおドールカードの左下部分にあるカラーコードは、模様こそ同じですがカードそれぞれでカラー配置が異なっており、ここが読み込みの補足を入れることで100を超えるカードをも認識できる仕組みができたようです。

インタビュー最後には『新パルテナ』が本格制作に入る前のプロトバージョンが動画で掲載されています。ニンテンドー3DSの開発環境が整う前は、PCやWiiなどで作っていたそうです。この時点で製品版に近いイメージが出来上がっていたのがわかります。

『新・光神話 パルテナの鏡』は、好評発売中で価格は5800円(税込)です。

(C)2012 Nintendo
(C)2012 Sora Ltd.
《》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

    『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

  2. 『スプラトゥーン2』フェス「ヒーロー vs ヴィラン」はヒーロー派が多数!【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』フェス「ヒーロー vs ヴィラン」はヒーロー派が多数!【読者アンケート】

  3. 『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

    『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

  4. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  5. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 『スマブラSP』更新データVer. 1.2.0が配信―挑戦者の難易度や一部ファイターのバランス調整を実施

  8. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  9. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  10. 『ポケモン ピカ・ブイ』初代を遊んだおっさんが驚いた10のポイント!おしょうが仲間にならずサイクリングロードも廃止!?

アクセスランキングをもっと見る